【今夜】1月18日の満月は「ミニマムムーン」! 2022年もっとも地球から遠い満月で、いつもより月が小さく見えるよ

2

2022年01月18日 18:02  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

本日、2022年1月18日の満月は「今年もっとも地球から遠い満月」。

いつもより小さく見えることから、通称「ミニマムムーン(もしくはマイクロムーン)」と呼ばれています。

今夜は空を見上げて、小さな満月に注目してみるといいかも☆

【「ウルフムーン」でもあるらしい!】

満月の瞬間を迎えたのは、1月18日8時48分。

国立天文台のホームページによると、昨年2021年のミニマムムーン(※12月19日)よりも、わずかに地球に近い場所に位置するそうです。

さらにアメリカでは、先住民が季節を把握するために満月に名前をつけていたらしく、1月の満月を「ウルフムーン」と呼ぶのだそう。

ミニマムムーンであり、ウルフムーンでもある今夜の満月は、なんだか特別なものに思えます。

【今夜の天気はどうなる?】

気になるのは今夜の天気!

ウェザーニュースによると、太平洋側ほどよく晴れますが、日本海側は雲が広がる予報のようです。

満月がよく見えるとされているのは、東北から九州の太平洋側。特に関東と九州は見える範囲が広いみたい!

ただし風が強く厳しい寒さとなるので、バッチリ防寒をした上で臨んだほうがよさそうですっ。

【今年もっとも地球に近い満月はいつなのか】

国立天文台によれば、地球の周りを公転する月の軌道は「楕円形」のため、地球と月との距離は一定ではないのだそう。

さらに、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けて変化することから、満月が大きく見えたり小さく見えたりするみたい。

ちなみに、今年もっとも地球に近い満月は7月14日

本日の満月は、7月14日の満月に比べて視直径が約11パーセント小さい(面積は約21パーセント少ない)といいます。

この情報を頭に入れつつ月を眺めたら、今夜はいつもとは違った視点から鑑賞できるかも!?

参照元:国立天文台、ウェザーニュース
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:ぱくたそ

    ニュース設定