中村倫也、向井理の“裏の顔”暴露「かわいいとこあるんです」

0

2022年01月18日 20:30  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

俳優の中村倫也が18日、都内にて開催された映画『ウェディング・ハイ』完成披露試写会に、篠原涼子関水渚岩田剛典中尾明慶向井理高橋克実大九明子監督と共に出席した。

本作は、芸人、タレントとしても活躍するほか、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としてもその才能を発揮する笑いの鬼才・バカリズムが手掛けた完全オリジナルストーリー。主演の篠原をはじめ、中村、関水、岩田、向井、高橋などオールスターキャストが集結、抱腹絶倒の波を巻き起こす。


中村と結婚式を挙げる新婦役の関水は「初日にお家のシーンを撮影したんですけど、大先輩ですし、結構長い撮影だったので、初日から二人で緊張していた」という。

しかし「中村さんは本当に人と壁をつくらない、すごく優しいオーラを持っていらっしゃる方。変な緊張をせずに、中村さんのおかげで一日すごく楽しくて、いいスタートを切れたなという思い出がありました」と中村の人柄で楽しい初日となったことを明かした。


中村は「褒められました」とにんまり。「関水さんの台本をチラッと見たらびっしり書いてあって。いろんなことが。『これはこうだからこういう気持ちで』みたいな。すっげえなと思って」と台本に細かい書き込みをしていた関水を称賛し、「僕はもらった時の状態よりちょっときれいになってるんじゃないかってくらい真っ白だったので、こんな真面目な子が、これからの日本映画を背負ってくれるんだなと思うと、今から優しくしておこうと思いました」と笑いを誘った。


本作の登場人物が“クセ者ぞろい”であることにちなんだ、“クセ者”だと思う共演者という話題では、中村が「向井理だと思う。ボケがわかりづらい」と向井の名前を挙げる。すると向井は「それは倫也もあんまり...」と抵抗した。


中村は向井について「俺もあまり人のこと言えないんだけど、僕と違うのが、わかりづらいボケを上手に拾われると、(向井は)照れくさくなるのか(後ろに)下がるんですよ。拾い損になるんですよ」と暴露。


さらに「去年、舞台を一緒にやってたんですけど、立ち位置の確認とかをいろいろとしている時に、自分の2メートル先くらいまでしか聞こえない小声でずっとボケてるんです。演出家は気づかないんですけど、板の上にいるキャストがそれで気が散るとバレるっていう。非常にクセ者ですね」と向井の裏の顔を明かすと、向井は「たちが悪い感じに聞こえるね」とコメントした。


向井が「人前に出るのがそんなに得意じゃないので、あんまり大きい声は出したくないんですよ。だけど『今こんなこと考えてる』っていうことを身近な人に知ってほしいっていう」と説明すると、中村は「かわいいとこあるんですよ。クールに見えますけど。それが向井理」とつぶやいていた。


    ニュース設定