間宮祥太朗&本広克行監督、フジ新枠で初タッグ! 脱ヤンキードラマ「ナンバMG5」今春放送

0

2022年01月19日 05:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真間宮祥太朗
間宮祥太朗
現在放送中のドラマ「ファイトソング」に出演中の間宮祥太朗が、4月期のドラマ「ナンバMG5」に主演することが決定。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督演出のもと、笑いあり、涙ありの全く新しい痛快青春ドラマが誕生する。

本作は、フジテレビの新枠“水10ドラマ”のトップバッターを飾る作品。ユニークなヒーロー像が次々と誕生し、視聴者の期待や想像をいい意味で裏切っていくエキサイティングなドラマを制作していく。

原作は、小沢としおの「ナンバMG5」と、続編「ナンバデッドエンド」。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語だ。

家族の前では特攻服を着たバリバリのヤンキー、学校では制服を着た真面目な高校生、という二重生活がスタートし、学校では優等生として美術部に入部。しかし、いじめられている友人を放っておけず、つい特攻服に着替えて助けたことをきっかけに、正体不明の最強ヤンキーとしてどんどんのし上がってしまうという波瀾万丈なストーリーとなっている。

フジテレビ系ドラマ初主演、地上波ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演となる間宮さんが演じるのは、“脱ヤンキー”を決意するものの、次々と事件に巻き込まれてしまう生粋のヤンキー、難破剛。演出は、フジテレビの連続ドラマを演出するのは「SP警視庁警備部警護課第四係」以来、14年ぶりとなる本広監督。間宮さんとは初タッグとなる。

間宮さんは「とにかく、純粋で直情的な剛を楽しみたいと思います。周囲を巻き込んでいく面と、巻き込まれていく面、どちらも根の部分での天真爛漫さや純朴さが表れていると思うので、気持ちよく演じたいです」と意気込み、「家族からの期待や周囲からの決めつけ、現状の自分と理想の自分、向き不向きやアイデンティティー。剛だけではなく、自分が自分をどう生きるのかという普遍的なテーマが“ナンバMG5”という作品には包まれていると思います。お楽しみに!」とメッセージ。

本広監督は「久しぶりの連続ドラマ、久しぶりのフジテレビジョン、久しぶりのコメディー作品、【踊る大捜査線】の連続ドラマから25年ぶりに古巣のフジテレビでコメディードラマを作れるなんて、楽しみしかないです!!」と喜びを語っている。

なお、現在放送中の「突然ですが占ってもいいですか?」は、放送時間を変更してレギュラー放送を継続していく。

「ナンバMG5」は4月、毎週水曜日22時〜フジテレビにて放送予定。



(cinemacafe.net)
    ニュース設定