猫と警備員、侵入した先には「旧友」がいた 馬屋原さん不在時の攻防、最後はマットに爪を立て抵抗する姿も

6

2022年01月19日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真職員の隙を突いて美術館に侵入したケンちゃん=尾道市立美術館のツイッター
職員の隙を突いて美術館に侵入したケンちゃん=尾道市立美術館のツイッター

 美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になる尾道市立美術館(広島県)。侵入を試みた黒猫が向かった先は、懐かしい「旧友」のパネルでした。

【画像】「旧友」がこちら。かつては名コンビとして知られていました。過去の攻防戦の様子もたっぷり紹介!

ケンちゃんと馬屋原さん
 近くのレストランで飼われている黒猫ケンちゃんが、最初に注目を集めたのは2017年3月。

 開催中だった「猫まみれ展」の会場に入ろうとして、警備員・馬屋原定雄さんに阻止される様子がツイッターで紹介されたのがきっかけでした。

 その後も「猫と警備員の攻防」としてたびたび話題になっていますが、侵入を試みるのは警備員が馬屋原さんの時がほとんど。

 馬屋原さんが来るのは特別展の時だけなので、そのたびに美術館職員は攻防戦を期待してカメラを構えています。

不在時に訪ねてきたケンちゃん
 来春の特別展まで馬屋原さんは不在ですが、今月16日にケンちゃんが美術館にやって来ました。

 正面玄関に現れたのが、午後4時40分ごろ。

 来館者がいなかったため、職員たちが展示室の扉を閉めて戸締まりを始めたところでした。

 展示室に入る心配がなかったため、ケンちゃんとのふれあいを撮影することに。

 職員が玄関を手動で開けると、さらに中に入ろうとして攻防戦になりました。

 隙を突いてスッと入り込んだケンちゃんが向かった先は、記念撮影用に設置されたパネル。

 職員のイラストをもとに制作したもので、描かれているのはケンちゃんと「ゴッちゃん」でした。

知ってか、知らずか
 ゴッちゃんは、かつて美術館周辺にいた茶トラの地域猫。

 ケンちゃん同様、馬屋原さんの隙をうかがって美術館に入ろうとした猫でした。

 当初は顔を合わせると威嚇するようなしぐさを見せていた2匹でしたが、美術館周辺のテリトリーをすみ分けて交流するように。

 名物コンビとしてニュースにも取り上げられましたが、2019年5月に新たな飼い主に引き取られていきました。

 最後の日には、別れを惜しむかのようにケンちゃんが寄ってきて、顔を近づけている様子が撮影されています。

    ◇

 そんな旧友のパネルと知ってか、知らずか、この日ケンちゃんが座り込んだのはゴッちゃんのパネルの裏。

 自分のパネルには見向きもせず、じっとしていたそうです。

 撮影していた職員は、こう推測します。

 「パネルは9月からずっと設置しているので、ケンちゃんも外から見えていたんでしょう。馬屋原さんがいない時に、いつかゴッちゃんのとこに行こうと狙ってたのかもしれませんね」

 5分ほど座り込んでいたというケンちゃん。

 最後は職員に抱えられて玄関に戻されましたが、マットに爪を立てて抵抗していたそうです。

このニュースに関するつぶやき

  • ケンちゃんの攻防戦、いつ見ても面白い🤣🤣また警備員さんとのバトル楽しみにしてます
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定