【子育て】「子どもはあなたを選んで生まれてきた」ママ友に言われた“心ない言葉”

7

2022年01月19日 12:42  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)のノンフィクションの題材となった立石美津子です。

知ってトラブル回避! ママたちに聞いた、ママ友との“環境の差”を感じた一言 #1「恥ずかしい…?」

筆者の息子には障害があります。落ち込んでいたとき、ママ友が「子どもはお母さんを選んで生まれてくるんだよ。きちんと育てられる人のところにやってくる天使なんだよ」と励ましてくれました。

ですが、私は「選ばれたくはなかった」と思っていたので、その言葉を素直に受け取れませんでした。

このように、「良かれと思って」かけた言葉が相手を傷つけていることもあります。

■ママ友に言われた心ない言葉

息子が2歳のとき、こんなことがありました。

当時、私は幼児教室を経営していたのですが、私が教育関係の仕事をしていることを知っているママ友から次のような言葉をかけられました。

「やっぱり、子どもは親を選んで生まれてくるのね。△△君は立石さんを選んで生まれてきたのよ」。

ママ友仲間に栄養士の資格を持つ人がいました。その人の子はとても食欲旺盛でした。すると私を励ましたそのママ友は「◯◯君は料理上手のママを選んで生まれてきたのね」とも言っていました。

決して言った側に悪意はないのです。でも、“栄養士のママだから、食欲旺盛の何でも食べる子が生まれた”ということと、“教育関係の仕事をしているプロだから、障害児でも育てられる”と言われるのは、親にかかるプレッシャーのレベルが違うと思いました。

私は心の中で「綺麗ごとを言わないでよ。神様に選ばれたくなんかなかったわよ」と言い返していました。

誰も好んで障害のある子を産みたいとは思いません。

そして、“障害のある子どもの親になる”という、人生設計の中になかったことが自分の身に起こったとき「これからどうやって育てていけばいいんだ…。なんで、みんなは普通の子を産んでいるのに私にはこんな子が生まれてきたんだ」と周りを妬む気持ちさえ起こる人もいます。

よく考えてみると、実際にこの世に生まれてくるかこないかは子どもの選択ではありません。そうならば、虐待されてしまう家庭に生まれる子も、親を選んでやってきたということになってしまいます。

妊娠したのは親の選択です。だから障害児を生んだ親は「こんな子に産んでごめんね」と実は自分を責めたりしているのです。

■無理心中事件を見て思うこと

時折、“障害のある我が子の行く末を案じて無理心中”という事件がニュースになることがあります。

そんなとき、マスコミはこぞって「親のエゴだ!」とか「子どもには罪はないのにひどい親だ」と非難しますが、少しだけ気持ちがわかる気もします。

皆が皆、そうとは限りませんが、障害児を持つ親がよく口にしています。

「神様、一つだけ願いを叶えてくださるならばこの子の寿命よりも一日長く私を生かしてください」と。親亡き後の子どものことを想像すると「この子を残してあの世に逝けない」と思うのです。

それが嵩じて無理心中を図ることはやってはならないですが、少なくともそんな思いをしている人に「あなたを選んで生まれてきた」と言わないでほしいのです。

■ただ共感の言葉をかけてほしい

では、どのような言葉をかけてもらえると一番救われるのでしょうか。

それは、ただただ共感の言葉をかけてもらえるだけでいいのです。

・大変な子育てだね。本当によく頑張っているよね
・つらいよね

など。また、身勝手かもしれませんが、「頑張ってね」「応援しているから」という言葉は同じ障害児を持つ先輩ママから言われると励まされるのですが、“健常児が羨ましい”と思っているところに、健常児のママ友から「応援しているから頑張ってね」と言われると、私の醜い心は「上から目線だな。私の精神状態なんかわかっていないくせに」と思ってしまうのです。

■なぜ言った側と言われた側の気持ちのギャップが生まれるのか

相手をなんとか勇気づけようと、そして元気を出してもらおうと、人は相手に優しい言葉をかけることがあります。でも、時にはそれがかえって相手を傷つけることもあります。

「○○ちゃんはあなたを産んで生まれてきたのよ〜」と微笑みながら励ましの言葉をかけると「相手は少し元気になるだろう」と思っているのは言った側だけ、友達を元気づけていると錯覚して少し自己満足しているだけなのかもしれません。

言われた側は「◯◯ちゃんはあなたを産んで生まれてきたのよ〜!だから産んでしまったからには責任を持って育てなさいよ」と責められているように捻くれて受け止めてしまうこともあるように思います。

鬱病を患っている人が「頑張って」「元気を出して」と言われると、「ああ、誰も自分の気持ちを理解してくれない。これ以上どう頑張れと言うんだ。もう限界だ」と自殺の引き金になると言われています。これと同じような気がします。

だから、安易な励ましの言葉を出す前に少し考えてもらいたいと思うのです。



皆さんはどう思いますか?

このニュースに関するつぶやき

  • 自分だけが一方的に言われてるって感じるんだろうけどさ、あんただって他のお母さんを傷つけるような事言ってるかもしれないぜ、自分が気付いてないだけで。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定