<学歴コンプレックス>自分の劣等感を埋めるために息子を利用していた【第4話まんが:私の気持ち】

6

2022年01月19日 23:41  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回からの続き。
高卒の義妹の子どものマイカちゃんが優秀で、大卒の私は「負けたくない!」と息子を有名私立中学に入学させました。
でも息子は中学で成績が振るわず、不登校に……。さらに「本当は中学受験なんてしたくなかった」と息子に言われてしまいました。
その日の夜。いつも忙しい夫が珍しく早く帰宅しました。ショックを引きずったままの私は、今日息子と話したことを夫にまくし立てます。
「どうしてこの恵まれた状況を否定するの? わがまますぎじゃない?」
「今まで途方もないお金とエネルギーをあの子の教育に注ぎ込んできたのに、今さらそんなこと言うなんて!」

はっと息をのみます。息子にも言われた言葉です。

【完成版】446自分は高卒なのに子どもを大学に入れたい義妹④02

【完成版】446自分は高卒なのに子どもを大学に入れたい義妹④03
たしかに私は、義妹に負けたくない一心で、息子を競争の道具に使ってしまったかもしれません。そのことで息子の心を傷つけて、この結果を生んでしまったのだとしたら……。私は今さらですが深く反省しました。
そして、決意しました。もう、誰とも比べない。うちはうち、よそはよそ。
それから私は夫と一緒に息子の部屋へ行き、ドア越しに息子に語りかけます。
「あのね……マイカちゃんちのお母さんに負けたくなかったの……だから、必死になってマイカちゃんに負けるな、がんばれって……。でも、それって違うよね、ごめんね。これからはもう誰とも比べない。あなたがどう生きれば一番幸せか、それを一生懸命探していくつもりだから……」
【完成版】446自分は高卒なのに子どもを大学に入れたい義妹④04
これからは、息子だけの唯一無二の幸せを探していこう。息子とじっくり向きあおう。
ゆっくり時間をかけて、彼の心の傷を癒し、将来の希望を探していけたらと思っています。

―終―

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・Ponko 編集・秋澄乃

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • この母子の関係も「―終―」になっちまわなきゃ良いけどね。知らんけど。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定