レアル指揮官、アザールとの確執を噂されるも…「我々の間には何も起きていない」

0

2022年01月20日 14:32  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真レアル・マドリードに所属するアザール [写真]=Getty Images
レアル・マドリードに所属するアザール [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が、同クラブのベルギー代表FWエデン・アザールについて語った。19日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 2019年にチェルシーからレアル・マドリードへ移籍して3シーズン目を迎えているアザールだが、これまで度重なるケガの影響で期待されていた活躍を見せられていない。今シーズンは大きなケガこそないものの、公式戦の先発出場は8試合(試合出場時間は724分)、そして未だ無得点で2アシストにとどまっている。

 そんなアザールには今冬にもレアル・マドリードを退団する可能性が報じられているが、アンチェロッティ監督は「アザールはこの1ヶ月半、フィジカル面で上手く調整している。彼に助言する必要はないし、性格や経験をもとにベストな取り組みをしているだろう。まだシーズンの前半戦に過ぎない。後半はより良い状態になることを願っている」と語った。

 また一部では指揮官との確執も噂されているが、同監督は「我々の間には何も起きていない」と前置きしつつ、以下のように語っている。

「チーム内には競争があり、私は各試合でベストの布陣を選ばなければならない。時には良い選手でもプレーできないことがあり、多くの選手に影響を与えている。アザールはトレーニングに励んでいて、監督からの指示を待っている状態だ。今のところ、彼はまだマドリードの選手で、トレーニングに集中している。我々が他に考えることはない」
    ニュース設定