大切な人に「死ね」と言われたら? 精神科医が説く“言われた側の絶望”

8

2022年01月21日 07:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真※写真はイメージです
※写真はイメージです

 SNSへの書き込みや、テレビでの発言、さらには誹謗中傷など、「言葉」の意味や価値が改めて問われる今の時代。言葉は多くの人の救いにもなるが、時として“凶器”ともなる。

 ニュースでは芸能人への誹謗中傷が度々話題となるが、他人ごとではない。親から言われた言葉、友達から言われた言葉、恋人や上司、はたまた赤の他人から言われた言葉――。身近な人の言葉ひとつが、大きな影を落とすことも。

恋人から「飛び降りれば死ねるじゃん

 そのひとつが、「死ね」という言葉。その言葉を本気で「死んでくれ」という意味で使っている人はほとんどいないだろう。でも、「そんなつもりはなかった」と思って放った言葉でも、相手が本気で受け取って命を落としてしまえば、どんな言い訳も通用しなくなる。

 最近では、アメリカ・マサチューセッツ州で、恋人に自殺を促す大量のメッセージを送り、自殺に追い込んだある女性の “テキストメッセージ殺人”について、Newsweekが報じた。同州では2014年にも、メッセージで女性が交際相手の男性を自殺に追い込むという、同様の事件が発生している。

 日本でも2014年、LINEで「死んでくれ」「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」と交際相手の女性に送り、実際に自殺させたとして男子大学生が自殺教唆容疑で逮捕されている。女性は「何でそんなひどいことを言うの」などと返信していたという。また、昨年2月には、山形で中学一年生の女子学生が自殺しているが、『文春オンライン』によると、彼女の下駄箱には「死ね」「キモい」という手紙が置かれ続けていたという。

 このように、実際に「言葉に殺された」人たちがいる。

 大半の人は「言われても私は大丈夫」と思っているかもしれない。しかし、人は「死ね」と言われ続けたら、本当に死にたくなってしまうものなのだろうか。

「“死ね”と何度も言われ続けると、死への距離が近づくことは十分にありえます」

 そう話すのは精神科医で産業医の井上智介先生。その凶器ともなる言葉について、こう解説する。

「『死ね』という言葉は、“この世からいなくなれ”という相手の存在を全否定する命令形の言葉です。『アホ』『バカ』『チビ』『デブ』といった相手の能力や容姿を侮辱するような言葉よりも、存在を全否定する言葉は心に大きく傷を負わせます。

 言われた側も何度も言われ続けると、“この人も自分を拒絶するのでは……”と周りの人すら信用できなくなり、どれだけしんどくても、誰かに頼ることができなくなる。さらに、何度も自分自身が否定され続けることで、自信を失い、自分の存在価値が見出せなくなる。結果、死という文字が頭をよぎる人も出てくるのです」

「好きな人」の言葉が及ぼす影響

 ただでさえ、強烈で、人から言われたくない言葉。もし、その言葉を大事な人、好きな人に言われたらーー。

 それは“生きていくことへの強い恐怖心や不安を生む”と井上先生。どういうことか。

「自分が愛されることを願う相手から、“死ね”のように存在を全否定されて、強い拒絶をされると、今まで培ってきた信頼や絆、心のよりどころなどをすべて失ってしまいます。いざというときに頼ったり、守ってもらえる居場所すら、失うことになるのです」

 相手にとっては一瞬の言葉でも、ダメージを受けた側には長いこと影響が出ることも。

「言われた直後には、相手に対する恐怖心や絶望に近い落ち込みだけではなく、感情が麻痺して頭が真っ白になることがあります。当然、言われた影響はそのときだけではありません。しばらく時間が経ってからも、言われた場面が頭から離れず、まさに今も言われているような気持ちになってしまうことも。夢にまで出てきて、夜も眠れなくなってしまうというケースも少なくありません」

 たった2文字の「言葉」でも、相手に及ぼす影響は計り知れない。今、実際にその言葉を投げかけられ、傷ついている人もいるかもしれない。そんな人に、周りが、そして自分自身ができるケアについて教えてもらった。

・自分が「死ね」と言われて傷ついた場合

「急性期的な心のケアとしては、自分の身体が心地いいと感じることを行なってください。好きなものをお腹いっぱい食べることだったり、マッサージを受けることだったり、ずっと布団にくるまっていたり、人によっては大声で歌うことかもしれません。自分にとっての『快』を感じられることが、ケアになります。

 その上で、ゆっくりと時間をかけてでも、誰かの役に立っていることを認識できるような行動をしてください。ボランティアでもいいですし、大切な人に日頃の感謝をして、相手の笑顔を見るでもいい。仕事に打ち込むでも構いません」

・周りの人が「死ね」と言われて傷ついている場合

その人に、存在の大切さを伝えるようにしてください。“あなたがいるから、私は元気に過ごせている”といったように、その人がいてくれるから助かっている、という感謝を伝える。そして、孤独を感じないようできるだけそばにいてあげる。物理的にそばにいるのが難しいなら、“つらいことがあればいつでも話を聞くからね”というように、その人が精神的なつながりを感じられるようにしてください」

 冒頭でも述べたように、言葉は「凶器」ともなれば、「救い」にもなる。後悔する前に、言葉の選択を、いま一度見極める必要がある。

◆いのちの電話
【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル 0570(783)556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル 0120(783)556
※毎月10日にフリーダイヤル(無料)の電話相談を受け付け
毎月10日:午前8時〜翌日午前8時

このニュースに関するつぶやき

  • 私は、悪意がある言動を取る人に味方する人に対して傷つく。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定