JALとヤマトHD、国内結ぶ貨物便を24年4月就航 ジェットスターが運航担う

23

2022年01月21日 15:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

日本航空(JAL)とヤマトホールディングスは、首都圏と北海道、九州、沖縄を結ぶ貨物専用便の運航を2024年4月から開始すると発表した。

就航路線は東京/羽田・東京/成田〜札幌/千歳・北九州・沖縄/那覇線。機材はエアバスA321ceo P2F型機を3機導入。旅客機を貨物専用機に改修する。最大積載容量は1機あたり28トンで、AAYコンテナ(メインデッキ)を14台、AKHコンテナ(ロワーデッキ)を10台積載できる。運航会社はジェットスター・ジャパン。

機体はヤマトグループが導入し、JALグループで運航を担う。物流事業者では、2024年4月から自動車運転業務の年間残業時間の上限が960時間となることによる、長距離トラックの輸送力の確保や、自然災害の発生による物流網の寸断リスクへの対応への対応強化のほか、国内路線の多頻度小型化や、旅客機の床下貨物スペースの減少への課題に対処する必要もあったという。

このニュースに関するつぶやき

  • 上空にいるあいだ『ルージュの伝言』を機内放送しておこう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定