「妻、小学生になる。」 毎田暖乃“万理華”に「石田ゆりこさんが重なって見える」、蒔田彩珠にも絶賛の声続出

1

2022年01月22日 07:32  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「妻、小学生になる。」第1話(C)TBS
「妻、小学生になる。」第1話(C)TBS
堤真一主演の新金曜ドラマ「妻、小学生になる。」が1月21日スタート。“生まれ変わって”小学生になった妻を演じた毎田暖乃の演技に「石田ゆりこさんが重なって見える」など絶賛の声が続出するとともに、蒔田彩珠の演技にも多くの反応が寄せられている。

「週刊漫画TIMES」(芳文社)連載中の村田椰融による同名漫画をドラマ化する本作は、愛する妻を失ってから生きる意味を失った夫とその娘が、小学生の女の子に生まれ変わった妻(母)と奇跡の再会し、生きることに再び向き合おうとしていく…というホームドラマになっている。

10年前に最愛の妻を亡くしてから、全く生気が感じられなくなり、周囲から陰鬱な男に見られている新島圭介役で堤さんが主演を務めるほか、人気の洋食屋に勤めているシェフだったが、10年前に他界した圭介の最愛の妻・貴恵に石田ゆり子。圭介と貴恵の一人娘で現在は20歳、高校卒業後就職したが現在は無職の麻衣に蒔田さん。

10年前に他界した貴恵の生まれ変わりで今は小学4年生の白石万理華に毎田さん。食品メーカー「RABBIT FOODS」販売促進部課長に大抜擢され圭介の年下上司となった守屋好美に森田望智。麻衣の幼馴染みでお互いなんでも相談し合う間柄の弥子に小椋梨央。女手一つで万理華を育てている母親で白石千嘉に吉田羊。その他柳家喬太郎、飯塚悟志(東京03)、馬場徹、田中俊介、水谷果穂らが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

10年前、家庭菜園に行った帰りに事故に遭い貴恵を亡くした圭介と麻衣は、彼女が忘れられないまま10年の時を過ごしてきた。一方、現在小学4年生の万理華は自分が貴恵の生まれ変わりであることを思い出す。階段で生気を失った圭介とすれ違った万理華は新島家を訪れ、「今日いきなり思い出したの!私、新島貴恵だって」と、自分が貴恵であることを伝える…というのが1話のストーリー。

視聴者からは「10年前と現在のしょぼくれかたの演じ分けが見事」など、主人公を演じる堤さんの演技を讃える声や、万理華役の毎田さんにも「子役の女の子の演技に引き込まれてる」「毎田暖乃さん、演技めっちゃ上手い」「毎田暖乃ちゃんすごいね 見入ってしまうわ!」といった反応多数。「子役の子と石田ゆりこさんが重なって見える」「子役の子すごいな まんま石田ゆり子さん喋ってる感じ」「暖乃ちゃんの後ろに、石田ゆり子さんが見えるんだよ...本当に凄い」と、石田さん演じる貴恵と万理華が重なって見えるという感想も。

麻衣を演じた蒔田さんにも「麻衣ちゃん役の子は蒔田彩珠さんって言うのか〜演技派だな〜」「少し影があって、拗ねたような憂いのある表情がとても良い」「彩珠ちゃん、陰を演じるのが上手い女優さん筆頭だと思う」「蒔田彩珠って、もっとこの子の演技みたいと思わせる力がありますよね」など、その演技に注目する数多くのコメントが寄せられている。



(笠緒)
    ニュース設定