『真犯人フラグ』佐野勇斗&芳根京子が香里奈を追う、生駒里奈の電話の相手とは?

1

2022年01月22日 08:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

あす1月23日(日)、『真犯人フラグ 真相編』第13話が放送される。凌介(西島秀俊)の前に姿を現したバタコ(香里奈)。危険人物とは知らず、接近を許してしまった凌介が、ついにバタコの毒牙にかかって倒れた前回第12話。



あす放送の第13話では、凌介が意識不明の重体に。バタコに渡されたお茶にはフグ毒が混入されており、危険な状態に陥る凌介。防犯カメラにバタコの姿は映っていたものの、院内に彼女を知る者はおらず、捜査は難航する。プロキシマでは瑞穂(芳根京子)の依頼で、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析。瑞穂と一星(佐野勇斗)は、バタコが失踪事件に関わっていると確信するが、声がわかっても顔が特定できず…。顔のみを把握する警察側と、声のみを把握する瑞穂たちは、はたしてバタコに辿り着けるのか。



一方、ついに判明した失踪中の娘・光莉(原菜乃華)の誘拐犯。陽香(生駒里奈)は、何者かに電話で光莉の状態を報告するが、その相手とは?そして、阿久津(渋川清彦)は、白い車の所有者であるかがやきの世界を訪れる。教祖(相築あきこ)にバタコの写真を見せた阿久津は、その反応に違和感を抱き、篤斗(小林優仁)から話を聞く。バタコの写真を見せると、篤斗は思いがけない反応を――!?


【第13話 ストーリー】

バタコ(香里奈)に渡されたお茶にはフグ毒が入っており、凌介(西島秀俊)は、意識不明の重体に陥る。倒れたのが病院だったため、すぐに救命措置がなされるが、テトロドトキシンの毒性は強く、危険な状態に。果たして、凌介の運命は…!?毒を盛って逃げた女は何者なのか?病院関係者にバタコを知る者はおらず、警察と瑞穂(芳根京子)たちが動き出す。プロキシマでは瑞穂の依頼で、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析していた。その音声から、瑞穂と一星(佐野勇斗)は、バタコが失踪事件に関わっていると確信するが…。一方、阿久津(渋川清彦)は、篤斗(小林優仁)から話を聞くことに。阿久津がバタコの写真を見せると、篤斗は思いがけない反応を示して――!?


■『真犯人フラグ 真相編』

毎週日曜よる10時半〜11時25分放送

(C)日本テレビ

    ニュース設定