「アルピーヌ『A522』誕生の瞬間」チームが2022年型F1を初始動、サウンドを公開

0

2022年01月22日 09:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年のカラーリングを施した2022年型アルピーヌF1のイメージ
2021年のカラーリングを施した2022年型アルピーヌF1のイメージ
 アルピーヌF1チームは、1月21日、2022年型F1『A522』の初始動を行ったことを発表、そのサウンドを公開した。

 2021年に向け、ルノーF1チームはアルピーヌに名称を変更。その初シーズンにエステバン・オコンは優勝を獲得、フェルナンド・アロンソは3位表彰台をつかみ、チームはコンストラクターズ選手権5位という結果でシーズンを締めくくった。


 F1に新レギュレーションが導入される2022年を戦うマシンを、チームは『A522』と名付けた。このマシンのファイアアップを行ったアルピーヌは、エンジンのサウンドをSNSを通して披露した。

「アルピーヌの革新と進歩の新時代が到来する」とチームはコメントしている。
「F1テクノロジーの限界に挑み、エンストンとビリーの協調精神を披露する。A522の誕生。2022年初のファイアアップだ」

 アルピーヌは『A522』の発表会の日程を現時点では明らかにしていない。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定