<気をつけて!>兄は40代、恋人は50代。デートの食事代を母に出してもらってる!?【中編まんが】

1

2022年01月22日 14:51  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回からの続き。
ある日、バツイチの兄(42歳)から「彼女ができたんだ」で連絡がありました。兄の彼女は54歳で、なぜか食事の支払いはいつも母がしているのだとか。心配になった私は、母に確認することにしました。すると……。

支払いの際に、一応兄も彼女も遠慮する素振りは見せるそうですが、「じゃあご馳走になります!」と結局は母が支払うことになり、その支払額はいつも万を超えるといいます。

兄の50代の新彼女が母にたかっている!?_005
母:「またケンカしないでよ。もしかして(彼女は)私を将来の親だと思って甘えてるのかもしれないし。どんな彼女でも誰かいてくれると安心だから……」
母の気持ちもわかります。ずっと独り身かもしれない兄の行く末を案じているのでしょう。でも母(66歳)と兄(42歳)は2まわりちがい、なので彼女はちょうど母と兄の間です。私は兄に一言言わないと気がすみませんでした。

兄の50代の新彼女が母にたかっている!?_006
「ズルい!」だなんて、わが兄ながらなんて小さなオトコだろうと思いました。彼女の誕生日を母に支払わせるなんて、気持ちが悪くすらあります。
私は「あんたにつける薬はないわ」と兄との電話を切りました。

母には「もう(兄と)縁を切ったら?」と言いましたが、「息子のことは私に責任がある」と言って聞きません。その後、料亭に行ったか行ってないかは知りませんが、兄は彼女と別れたと聞きました。母が毎回ご馳走していたことから、実家にお金があると思っていたようですが、母が支払わなくなると自然と会う回数も減り、別れてしまったそうです。兄然り、彼女然り、歳を取っても大人になりきれない稚拙な人は多いのだとあらためて感じたできごとでした。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・よし田 編集・荻野実紀子

■ママスタセレクトで読む

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定