23日 西から雨や雪の範囲が広がる 前日震度5強の九州 少しの雨でも土砂災害注意

4

2022年01月23日 05:51  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真23日 西から雨や雪の範囲が広がる 前日震度5強の九州 少しの雨でも土砂災害注意
23日 西から雨や雪の範囲が広がる 前日震度5強の九州 少しの雨でも土砂災害注意

きょう23日(日)は、西から天気下り坂。西日本は午前中から雨で、九州は本降りとなるでしょう。大きな地震があった所では、少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。夜は関東など東日本も雨や雪となりそうです。



●西から前線 日本海には低気圧が近づく


きょう23日は、西日本の南に前線が延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。沖縄は雨や雷雨で、非常に激しく降る所があるでしょう。西日本は午前から雨で、中国山地などでは雪の所もありそうです。22日に最大震度5強を観測した大分県や宮崎県では地盤の緩んでいる所があるため、少しの雨でも土砂崩れなどに注意が必要です。午後は東海にも雨雲が広がり、夜は関東でも雨か雪、箱根など西部の山沿いでは雪となりそうです。峠を越える車は、冬装備を万全に行いましょう。
北日本の日本海側や北陸は低気圧の影響で、午後は所々で雪や雨。局地的に雪や風が強まるため、ふぶきによる交通障害に注意が必要です。
最高気温は九州〜東海は、きのう(22日)より3℃くらい低く、10℃に届かない所が多いでしょう。寒中らしい寒さとなりそうです。暖かくしてお過ごし下さい。


●24日(月) 南岸低気圧の行方は?


あす24日(月)は、本州の南の前線上に低気圧が発生し、東進する見込みです。いわゆる関東などに雪をもたらす「南岸低気圧」。現時点では、低気圧は陸地から離れて通る(お辞儀型)ため、雨雲はあまり陸地にかからない予想ですが、予報が変わりやすくなっています。最新の情報をこまめに確認するようお願いします。


このニュースに関するつぶやき

  • ポスティング係としては雨より雪のほうが数段まし。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定