眠っていた赤ちゃんに迫る8本脚の影 母親は「今すぐ家を燃やしたい!」(米)<動画あり>

4

2022年01月23日 07:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真赤ちゃんに迫る謎の物体とは…(画像は『Emily Stewart 2022年1月4日付TikTok「Trigger warning!! I think my life would have been better if I didn’t see this.」』のスクリーンショット)
赤ちゃんに迫る謎の物体とは…(画像は『Emily Stewart 2022年1月4日付TikTok「Trigger warning!! I think my life would have been better if I didn’t see this.」』のスクリーンショット)
すやすやと眠る赤ちゃんの頭上に設置されたベビーモニターが、赤ちゃんに迫る恐ろしい物体の姿を捉えた。その映像には、真下にいる赤ちゃんに向かってスーッと糸を伝って降りていく巨大なクモが映っていた。翌朝に赤ちゃんを確認するとクモに噛まれた痕はなく無事だったといい、母親はこのクモを発見して駆除したという。『New York Post』などが伝えている。

【この記事の動画を見る】

米イリノイ州カンカキー郡ブラッドリー在住のエミリー・スチュワートさん(Emily Stewart)は今月4日、自身のTikTokアカウントにて別室で眠っていた娘のカイラちゃん(Kyla)の様子を捉えたベビーモニターの映像を公開した。

ベビーモニターはカイラちゃんの頭上に設置されており、カメラの真下ではベビーベッドでぐっすりと眠る姿が映っていた。この日は静かな夜だったが、突然カメラの前に大きなクモが現れ画面は一瞬真っ白になってしまった。

このクモは8本の脚を動かしながら画面の左端へ移動し、そこで立ち止まった。ベビーベッドの上には、まるでホラー映画のワンシーンのようにクモの巨大な影が映っていた。クモは一息ついているのかと思われたが、糸を垂らしていたようでカイラちゃんの頭に向かって急降下を始めた。

カメラに近い位置にいるから大きく見えるのかと思いきや、カイラちゃんの頭に向かって急降下するクモの姿を確認することができ、その大きさを想像するとゾッとしてしまう。その後に投稿された映像にはクモが同じ糸を辿って上ってくる様子も映っており、恐ろしいBGMが気味の悪さを助長している。

翌朝にベビーモニターを確認したエミリーさんは「私はクモが嫌いなので本当に恐ろしかったですよ。『カイラがクモに食べられちゃう!』と思いましたね」と当時の心境を明かした。

投稿に「見ない方が良かったと思います。今は家を燃やさなければという思いに駆られています」とエミリーさんは綴っているが、コメント欄には「部屋は広いのに、なぜ赤ちゃんがいるところを選んだのだろう…」「こんな映像を見たらもう眠れない」といった声や、「これからスパイダーマンを育てるのかな?」「こうして次のスパイダーマンが選ばれていくんだ」などジョーク交じりのコメントも届いていた。

またエミリーさんはユーザーからの「ぜひミッション:インポッシブルのBGMを流してほしい」という声に応え、クモがカイラちゃんに向かって急降下する映像に合わせて『ミッション:インポッシブル』のテーマソングを流した動画も投稿していた。

カイラちゃんにはクモによる噛み痕はなく無事だったと明かしたエミリーさんは、「すぐ部屋の隅々まで探し、天井に問題のクモがいたので潰しましたよ」と駆除したことを報告した。


なお今回の映像を見た人によると、このクモは“イエローサックスパイダー(yellow sac spider)”という種類とのことだ。夜行性のこのクモに噛まれても命に危険は及ばないが、かなりの痛みを感じるという。



画像は『Emily Stewart 2022年1月4日付TikTok「Trigger warning!! I think my life would have been better if I didn’t see this.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)
ニュース設定