トヨタ、GRヤリスがデイ3の全SSで最速記録も、エバンスと勝田がアクシデントで後退/WRC開幕戦

0

2022年01月23日 14:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)セットアップ変更によって自信を取り戻し、SS12とSS13ではベストタイムを刻んだ。 2022年WRC第1戦モンテカルロ
カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)セットアップ変更によって自信を取り戻し、SS12とSS13ではベストタイムを刻んだ。 2022年WRC第1戦モンテカルロ
 1月22日、WRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロの競技3日目はSS9〜13が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTはセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラ組が総合首位に再浮上した。チームメイトのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組も総合4番手に順位を上げた一方、3番手につけていたエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組はアクシデントにより総合26番手となっている。

 連日、好天に恵まれている第90回ラリー・モンテカルロのデイ3は、モナコのサービスパークを起点に、デイ2よりもさらに遠く北西方向に離れたフランスの山岳地帯で5本のSS、ステージ合計距離92.46kmで争われた。

 デイ2でセバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)に逆転を許し、首位から9.9秒差の総合2番手で3日目の競技に臨んだオジエは、午前中のSS10でベストタイムを記録し、最大のライバルであるローブと同タイムで総合トップに立った。
 
 さらに、続くSS11でもオジエはベストタイムを刻み、ここで単独首位に浮上。わずか5秒差で迎えた積雪のあったSS11の再走ステージであるSS13には、当初の予定を変更しローブと同じ4本のソフトタイヤを履いて臨んだ。

 走行後、「あのような路面コンディションに対してはベストな選択ではなかったと思うが、自分としてはセバスチャンと同じタイヤで正面から戦い、どちらが速いのかを確かめたかった」と語った2021年チャンピオンは、元9連覇王者よりも16.1秒速い2番手タイムで同ステージを走破し、ライバルとのギャップを21.1秒に拡げてデイ3を締めくくってみせた。

 一方、“セバスチャン対決”を眼前に見る総合3番手でラリーを進めていたエバンスは、この日のオープニングステージとなったSS9で今大会初のベストタイムをマーク。続くSS10でもオジエに次ぐ2番手タイムを記録するなど好調をキープしていた。

 しかし、SS11の積雪区間を非常に速いペースでクリアした直後、下りのハイスピードセクションでコースを外れてしまう。幸運なことに観客のサポートを得るなどしてステージに復帰できたものの表彰台圏内から一転、約20分のタイムロスにより総合26番手まで順位を落とすことになった。

■5番手につけていた勝田貴元も痛恨のコースオフ。最終日を前に順位を下げる

 デイ2で復調のきっかけを掴んだロバンペラは、その後サービスでセッティングをさらに変更して競技3日目に臨んだ。これが奏功し21歳のフィンランド人はクルマに対する自信が深まり本来の速さを発揮。オープニングのSS9からトップ3に入るタイムで走り続け、デイ3終盤のSS12、SS13では連続ベストタイムを記録した。

 この結果とデイ3で相次いだアクシデントにも助けられ、ロバンペラは前日の総合9番手から4番手に大きくポジションを上げることに成功した。総合3番手につけるクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)とは37.8秒差だ。

 TOYOTA GAZOO Racing WRT・ネクストジェネレーションから参戦している勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、SS12終了時点で総合5番手につけていたが、1日の最後のステージの凍結した部分でスライドし、マシンが側溝にはまってしまった。スペクテーターの助けでコース復帰することができたが、タイムを失いポジションを総合13番手に下げている。

「今日はトヨタGRヤリス・ラリー1がその素晴らしいパフォーマンスを発揮した」とデイ3の全ステージ制覇を喜ぶのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「ドライバーたちはクルマにかなり慣れてきて、限界までプッシュできるようになってきたと思う。システロンのステージ(SS11/SS13)はトリッキーなコンディションだったが、セブ(セバスチャン・オジエ)はその2本目で素晴らしい走りをし、最終日に向けて大きな差を築いた」

「また、ラリー序盤は苦労していたカッレ(・ロバンペラ)も、今日は2本のステージ優勝という素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたので、非常に励まされる1日だった。エルフィン(・エバンス)は、小さなミスが大きなタイムロスにつながってしまった。ステージのもっとも難しい区間では素晴らしい走りをしていただけに残念だね」

「明日も最後までリードが保たれることを期待しているが、もしそうなれば、とても良いシーズンのスタートになるだろう」

 トヨタGRヤリス・ラリー1のデビューウインが掛かる競技最終日の23日(日)は、デイ2の実施エリアと一部が重なるフランスの山岳地帯で、2本のステージを各2回走行する。SS15の再走ステージとなる最終SS17はステージトップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスポイントが与えられる“パワーステージ”だ。SS14〜17のステージ合計距離は67.22km、リエゾン(移動区間)を含む1日の総走行距離は298.41kmとなっている。
    ニュース設定