好きが高じて一軒家を「マイお化け屋敷」に 愛と情熱がほとばしる

0

2022年01月23日 18:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真好きが高じて一軒家を「マイお化け屋敷」に 愛と情熱がほとばしる
好きが高じて一軒家を「マイお化け屋敷」に 愛と情熱がほとばしる

 お化け屋敷と言うと夏のイメージですが、現在は通年営業のところもあり、好きな人にとっては楽しみな場所なのだとか。そんなお化け屋敷好きの中でも、ここまで極める人は少ないかもしれません。


 群馬県館林市にある一軒家。実はここ、お化け屋敷の愛好家が、住宅を改装して作り上げた「マイお化け屋敷」なのです。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 館林市にある一軒家お化け屋敷を作ったのは、STUDIO BOMBの木村さん。フリーランスでお化け屋敷のプロデュースや造形などを手掛ける、お化け屋敷のプロという側面もお持ちです。


 小さい頃からお化け屋敷に入るのは怖く、好きではなかったと言います。しかし「入っている人のリアクションや造形物を外から見るのが好きで、そこからハマっていきました」とのこと。


 お化け屋敷にはさまざまな種類がありますが、木村さんが仕事で手掛けているのは「ウォークスルー型」と呼ばれるもの。来場者が自身で歩いてコースをたどり、色々な仕掛けに驚くというタイプで、商業施設などでの夏の催事がメイン。


 そんな木村さんが情熱をかたむけ、完全に趣味で作り上げてしまったのが、一軒家お化け屋敷。


 自宅をお化け屋敷にするというのは大胆な発想ですが「もともと住んではいない家だったので、家族には何も言わずに作ってしまった感じです。最初は文句言われましたが、今はもう何も言われません」と苦笑まじりに語ってくれました。


 コンセプトは「呪われた家」。来場者はそこに足を踏み込んでしまったが故に、さまざまな恐怖体験をする……というもの。


 TwitterのDMによる予約制で一般公開されているのですが、来場者からは「王道のお化け屋敷」や「お化け屋敷の良さがギュッと詰まって雰囲気バッチリ」といった感想がTwitterに投稿されています。


 木村さんはお化け屋敷の魅力を「ライブエンターテインメント」だと語ります。


 「反応も直接見られますし、人によってタイミングや脅かし方も変えたり、一回一回の生ライブです」と、知られざる“おどかす側”の意気込みを教えてくれました。


 この一軒家お化け屋敷、日々少しずつアップデートされている部分もあるようで、リピーターとして来場しても楽しめるような作りになっているようです。


 木村さんの語る「ライブエンターテインメント」の良さが味わえるお化け屋敷、まずは公式サイトから訪れてみると良いかもしれませんよ。



<記事化協力>
館林お化け屋敷@STUDIO BOMBさん(@tigenabe113)


(咲村珠樹)


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定