『サザエさん』堀川くん、体育のテストで良い結果を取るためにした行動に「意味不明で草」

1

2022年01月23日 18:11  ダ・ヴィンチWeb

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチWeb

写真『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 2022年1月16日に放送された『サザエさん』では、数々の突飛な言動からネット上で“サイコパス”呼ばわりされているワカメの同級生・堀川くんがまたも“奇行”に走り、視聴者からはツッコミの声が続出している。

出版社が自らの手で読者に本を販売することの大切さ。コロナ禍でも絶えず続く“BOOKMARKET”

 話題になったエピソードは作品No.8357「カツオハンコづくし」。ある日カツオは、同級生の花沢さんの父親から「カツオ」と刻印された、ネームスタンプを作ってもらう。嬉しくてあちこちにこのハンコを押すカツオは、タラちゃんの手の甲にまで押し、サザエに「タラちゃんの手をおもちゃにして!」と憤慨されてしまうが、当のタラちゃんは「消さないです」と否定。

 どうやら、先ほど公園で遊んでいたときに、友人のタケオからイタズラされそうになった際、「水戸黄門」の名シーン「この印籠が目に入らぬか」と言わんばかりにタケオに手の甲を見せたところ、タケオが気味悪がって逃げて行ったとのこと。その後、巷で「カツオのハンコ」の効力が知名度を上げたようで、ある朝、堀川くんがハンコを押してほしいとお願いしにやってきた。

「今日テストがあるんです」と明かす堀川くんに対し、「テストのときに、磯野くんのハンコなんて押したら良い点取れないわよ」とツッコミを入れる花沢さん。これに堀川くんは、「体育のテストなんです」と言い、カツオも納得したように「あぁ、それなら自信があるよ」と快くハンコを押してあげる。すると後日、堀川くんが体育のテストでうまく跳び箱を跳べたようで、それを聞いたカツオは「本人の実力だよ」と謙遜しつつもまんざらでない様子だった。

“サイコパス堀川”の異名でネット人気が高い堀川くん。体育で良い成績を取るため、カツオのハンコを願掛けとして扱う堀川くんに対し、「相変わらず、堀川君の電波がスゴい」「堀川くんは想像の上を行く」「堀川もカツオも意味不明で草」「堀川、体育のテスト上手くいってて草」「堀川くんが出てくるたびに、期待感とワクワク感が止まらない」などと反響を呼んでいる。

 とはいえ、いつもの堀川くんにしては少々“マイルド”だったかもしれない…?

このニュースに関するつぶやき

  • どうして堀川くんは、常人には理解不能なことしかしないのかねぇ?(笑)。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定