コンバート本格化?得点力アップへ最善策探る 中日キャンプの注目ポイント

8

2022年01月23日 21:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日の秋季練習で片岡二軍監督(右)と談笑する立浪一軍監督 (C) Kyodo News
中日の秋季練習で片岡二軍監督(右)と談笑する立浪一軍監督 (C) Kyodo News
◆ 立浪新体制が本格始動!

 中日は20日、2月1日に始まる沖縄春季キャンプのメンバー振り分けを発表した。新人ではドラフト1位・ブライト健太外野手(上武大)、同2位・鵜飼航丞外野手(駒澤大)、同3位・石森大誠投手(火の国サラマンダーズ)の3名が一軍扱いとなる北谷スタート。飛躍が期待される根尾昂内野手、石川昂弥内野手も揃って一軍メンバーに名を連ねた。立浪和義新監督の下、5位からの巻き返しを図る中日。本格始動する春季キャンプの見どころを探る。

●コーチ陣を一新、中村紀&森野打撃コーチに期待

 立浪新監督就任に伴い、コーチ陣の顔ぶれも大きく変わった。打撃コーチには中村紀洋氏、森野将彦氏と、現役時代も中日で活躍した左右の好打者が新たに就任。投手コーチも大塚晶文氏、ヘッドコーチを兼ねる落合英二氏と、強竜時代を知る両右腕が古巣に復帰した。二軍監督にはPL学園高時代から立浪監督を良く知る片岡篤史氏が就任。立浪新体制でチームの雰囲気がどう変わるか注目だ。

●チーム防御率12球団1位も借金16…課題は明白

 昨季は12球団1位のチーム防御率3.22を記録しながら、チーム打率.237、同本塁打69、同得点405はすべてリーグワースト。課題は明白だ。得点力アップへ、長打力が魅力のブライト、鵜飼のドラフト上位コンビに加え、根尾、石川、岡林勇希ら若手の成長に期待。昨年ともに打撃不振に陥った高橋周平、阿部寿樹ら既存戦力のレベルアップも必須だ。秋季キャンプでは阿部が外野、岡林は二塁の守備練習に注力するなど、それぞれが複数ポジションでの出場を視野に入れながらベストな陣容を探る。

●新加入の岩嵜や完全復活目指す田島、ブルペン陣は今季も充実?

 昨季の救援防御率はリーグ1位の2.92。チームトップの66試合に登板した又吉克樹はソフトバンクへFA移籍したが、人的補償で実績豊富な岩嵜翔を獲得。32歳で新天地へ移籍する右腕は「今回の移籍をチャンスと捉え、自分を選んでいただいた中日球団に感謝しつつ、精一杯のピッチングをしたい」と意気込む。ロッテを戦力外となり育成契約で新加入した大嶺祐太も、岩嵜らとともにキャンプは一軍スタート。ドラフト3位左腕の石森、トミー・ジョン手術からの完全復活を目指す田島慎二も北谷スタートとなっており、延長12回制再開が見込まる新シーズンもバリエーション豊富なブルペン陣がチームのストロングポイントになりそうだ。

 中日キャンプのメンバー振り分けは以下の通り。また、ともに育成のフランク・アルバレス投手、ギジェルモ・ガルシア外野手のチーム合流日は未定となっている。

【一軍:北谷】

<投手=24人>
小笠原慎之介、田島慎二、橋本侑樹、岩嵜翔、柳裕也、梅津晃大、盒狭斗、岡田俊哉、大野雄大、佐藤優、石森大誠、森博人、岡野祐一郎、勝野昌慶、鈴木博志、賃析此∪郷綯L蕁藤嶋健人、山本拓実、垣越建伸、近藤廉、上田洸太朗、松木平優太、大嶺祐太

<捕手=4人>
木下拓哉、山下斐紹、郡司裕也、石橋康太

<内野手=8人>
眈湘蓮京田陽太、石川昂弥、高橋周平、阿部寿樹、根尾昂、三ツ俣大樹、ダヤン・ビシエド

<外野手=6人>
鵜飼航丞、福留孝介、三好大倫、ブライト健太、伊藤康祐、岡林勇希

【二軍:読谷】

<投手=14人>
谷元圭介、福谷浩司、ジャリエル・ロドリゲス、祖父江大輔、福敬登、松葉貴大、石田健人マルク、加藤翼、ライデル・マルティネス、竹内龍臣、濱田達郎、松田亘哲、石川翔、福島章太

<捕手=4人>
大野奨太、味谷大誠、アリエル・マルティネス、桂依央利

<内野手=8人>
石岡諒太、石垣雅海、土田龍空、溝脇隼人、福田永将、星野真生、堂上直倫、ルーク・ワカマツ

<外野手=6人>
平田良介、大島洋平、福元悠真、渡辺勝、滝野要、加藤翔平

このニュースに関するつぶやき

  • 根尾も「NEO SKY, NEO MAP!」を見せねば燕にトレードかも。#言ってやった言ってやった
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定