浮気をした彼氏にラメパウダーを使って嫌がらせ 「究極の復讐」を実行した女性(英)

0

2022年01月24日 04:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真歯磨き粉の中にラメパウダーを入れる最悪の嫌がらせ(画像は『Imogen038 2021年12月23日付TikTok「#cheater #revenge #ex」』のスクリーンショット)
歯磨き粉の中にラメパウダーを入れる最悪の嫌がらせ(画像は『Imogen038 2021年12月23日付TikTok「#cheater #revenge #ex」』のスクリーンショット)
このほどイギリスの女性が、3年ほど付き合っていた彼氏の浮気が発覚した後のある行動が話題を呼んでいる。女性は手芸などで用いられる細かいパウダー状のラメを大量購入し、彼氏の服や部屋のあちこちにばら撒いたのだ。細かいラメのパウダーはなかなかキレイに落とすのは難しく、法に反することなく最悪の嫌がらせを成し遂げた女性には「これは究極の復讐だ」などといった声が届いた。『Metro』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

英ダラム州ダラム在住のジェイド・バターズさん(Jade Butters、23)は、約3年間付き合ってきた彼氏がApple Watchで別の女性とメッセージをやり取りしているところを目撃してしまった。これを彼に問い詰めると浮気していたことを白状し、最終的にジェイドさんは別れることを決断した。

しかし彼氏のせいで別れることになり、やはりジェイドさんはこのままでは納得できなかった。「信頼を裏切った対価として何か仕返しをしてやりたい」と考えたジェイドさんは、持っていた15ポンド(約2300円)分のAmazonギフト券で様々な色の細かいラメパウダーが入ったチューブを82本購入した。

「ラメパウダーがどれほどイライラするのか知っていたので、これを彼の部屋にまき散らすのは良いアイディアだと思いました。犯罪行為はしたくなかったですし、関係のない人を傷つけるのも嫌でした。これはただ無害なイタズラなんです。」

そのように明かしたジェイドさんは、自分の荷物を引き取るためにまだ合鍵を持っていたため彼が仕事に行っている間に部屋に侵入し、持ってきた82本のラメパウダーを用いて復讐を開始した。

ジェイドさんは当時の様子を動画に収めており、観葉植物やハンドソープ、粉末洗濯洗剤などに次々とラメパウダーを流し込んでいった。続いてスニーカーやブーツなどの靴の中、ペットボトルの中で貯めていた小銭の中にもラメパウダーを注いでいった。また彼はプラモデルが趣味だったようで、箱に入っていた組み立て前のプラモデルにもラメをまぶした。


ここまでの所業だけでも彼氏の立場で想像すると嫌気が差すが、それでもジェイドさんの怒りは収まらなかった。洋服ダンスに目をつけたジェイドさんは引き出しの中にラメパウダーを振りかけ、さらに全ての靴下やズボンのポケットの中にも丁寧にラメパウダーを入れていったのだ。室内干しされていた洗濯物にも余すことなく振りかけ、最後は歯磨き粉チューブの中にラメパウダーを注ぐ場面で動画は終わっている。


ジェイドさんは「トイレの中にも入れてしまおうかと思いましたが、ベッドに振りかけることにしました。シーツを剥がすたびにラメが落ちてくると思うので、何年も悩まされるでしょうね。一見すると部屋に変わったところはないように見えるので、洗濯や歯磨きをするときに気づくと思います」としたり顔で明かした。


この動画を見た人からは「君は最高だ。私だったら死んだ魚をマットレスの下にでも入れてやりたいよ」「彼氏の反応を見てみたかった」「これは最高のアイディアだ」「ラメパウダーは恐ろしいほどに掃除が大変だよね」「これは究極の復讐だ」などジェイドさんのアイディアに賛同する声が届いた。


ジェイドさんは今回の仕返しについて、「最初は『大人にならないと』と思っていたのですが、実際にやってみるとなんだか誇らしい気持ちになりましたね。思い出すと笑顔になっちゃいます」と話しており、大満足の様子だった。


なお浮気や振られた腹いせにとんでもない行動をした女性として、元彼の高級車をプールに沈めたり、元彼の家の浴槽に大量の鯖を放り込んだ嫌がらせなども話題を呼んでいた。

画像は『Imogen038 2021年12月23日付TikTok「#cheater #revenge #ex」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

    前日のランキングへ

    ニュース設定