女子アジア杯開催国インドの大会敗退が決定…試合に必要な最低人数足りず

0

2022年01月24日 05:50  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真AFCがインド代表の大会敗退を発表 [写真]=Getty Images
AFCがインド代表の大会敗退を発表 [写真]=Getty Images
 アジアサッカー連盟(AFC)は23日、女子日本代表も参加しているAFC女子アジアカップインド2022の開催国である女子インド代表の敗退を発表した。

 インド代表の多数選手が新型コロナウイルス陽性反応を示したことで、23日に行われる予定であったグループA第2節・チャイニーズ・タイペイ代表戦に必要な最低人数が足りず、同試合の中止が決定。

 これを受け、AFCは「試合が中止になった責任を負い、該当チームは大会を辞退したものとみなす」という規定に従い、インドの大会敗退を決定。26日に行われる予定であったインド対中国代表の一戦も中止となった。開催国インドが大会を去ることになったものの、大会はこのまま続行されるという。

 また、AFCは「AFC女子アジアカップインド2022の規則 第6条」が発動されることを発表した。同規定には「試合を辞退した場合、大会を辞退したものとみなして全ての試合を無効とする。その場合、該当チームの次大会参加資格をはく奪する」という趣旨が記載。その一方で、「不可抗力の場合は必要と思われる措置をとる」ことも記載されており、インドの詳細な処置は今後決定していく模様だ。

 AFCは公式サイトを通じて「現地組織委員会およびAIFF(全インドサッカー連盟)と密接に連携し、チーム、役員、関係者の健康と福祉を最優先事項として取り組み続けています」として「感染した選手には適切な治療が施されており、AFCは彼らの完全かつ迅速な回復を願っています」とコメントを掲載した。
    ニュース設定