2022年はメイクにもレトロブームが到来! バブル期やY2Kを意識した「ノスタルジック リバイバル」メイクとは

1

2022年01月25日 11:21  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


昨今のレトロブーム、今年はメイクにもガッツリと影響してきそうです!

先日、資生堂が発表したのは2022年春夏の「トレンドメイクアップ&ヘア提案」

それによると、1980年代バブル期や2000年代の若者コンテンツの要素を取り入れた「ノスタルジック リバイバル」がキーワードになるというんです……!

【80年代バブル期のメイクを現代風にアレンジ】

2022年春夏のキーワードとして予測される「ノスタルジック リバイバル」。資生堂では具体的に次のようなメイク提案をしています。

まずは、「80’s youth MIX」

80年代バブル期の象徴である「ボディコン風ファッション」に合わせたのは、太めの眉✕鮮やかなローズや赤のリップ。

現代風にリバイバルされていますよ〜!

抜け感のある自然な印象の太眉✕くすみカラーのローズ系リップにアレンジするのが今っぽく仕上げるコツだそう。

さらに、肌は軽やか&ツヤ感のある仕上がりに。目もとはアイラインを長めに引いて、ポイントカラーは目頭のくぼみや目尻にほんのりぼかす程度で。

全体的に、色っぽさがありながらもヘルシーさや意志の強さも感じられるメイクになっていますね!

【ラメの目もとやリップグロスで2000年代を意識!】

もうひとつは、「Y2K youth MIX」

「Y2K」とは「2000年」の略語で、今年はメイクでも2000年代カルチャーがさらに注目を浴びそうです。

ポイントは、上品なラメとまつ毛のボリュームアップで作る印象的な目もと

目もとにはベージュ系カラーをぼかして広げたところに、ピンク系のラメを目頭側の上下、ゴールド系を目尻側の上下に乗せ、異なる輝きで華やかに見せます。

マスカラは上下にたっぷりつけ、太さと存在感を意識した仕上がりに。

目もとだけでなく、「眉は普段より少し細め」とか「リップはグロスのツヤ感でフレッシュに」といった点も2000年代っぽさ満点です!

【ノスタルジックなムードをメイクにも♪】

どちらにもただようのは「ちょっぴりレトロなムード」

1980年代も2000年代もどちらもリアルに過ごしてきた自分としては、見ていてなんだか懐かしいような、ちょっぴりこそばゆいような気分になっちゃいます。

このほか、資生堂ではもうひとつのトレンドとして予想される「シャイニングメイク」や、それぞれメイクに合うヘアスタイルの提案されているので、ぜひ参考にしてみてください!

写真に使われているアイテムもすべて掲載されているので、気になった商品は購入することもできますよ♪

参照元:プレスリリース、資生堂
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る

    ニュース設定