今年は清宮、藤浪も別チーム選手に弟子入り。「呉越同舟自主トレ」で急成長した男たち

1

2022年01月25日 14:11  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 2月1日のキャンプインに向け、プロ野球選手たちはそれぞれ自主トレに励んでいる。「よその選手と仲良くするな」と言われた時代には考えられなかったが、球団の垣根を越え、他球団の選手と一緒に自主トレを行なうことは今や普通になった。

 こういう"呉越同舟自主トレ"には、どんなメリットがあるのだろうか? 過去の例も振り返りつつ検証してみたい。




***

 若手選手が、他球団の先輩選手に合同自主トレ参加を志願し、教えを請う"弟子入り"パターンは多い。それがきっかけでブレイクを果たしたケースもある。

 今年は、柳田悠岐(ソフトバンク)が佐賀・嬉野で行なっている合同自主トレに清宮幸太郎(日本ハム)が初参加。今年5年目の清宮は昨季、プロ入り後初めて一軍出場がなく、セ・リーグMVPに輝いた同期の村上宗隆(ヤクルト)とは大きな差がついてしまった。「ギータ塾」参加は何かをつかもうという必死さの表れだ。

 若手ではないが、ライバル球団のエースに「一緒にやらせてください」と頭を下げたのが、藤浪晋太郎(阪神)だ。なんと菅野智之(巨人)が主宰する宮古島合同自主トレに参加。阪神と巨人のライバル関係を思えば、気軽に「教えてください」とは頼みにくい相手だが、そんなことを言っていられない事情もある。

 藤浪は昨季、初の開幕投手に抜擢されたがローテを守れず、6月以降は中継ぎに配置転換。21試合に登板し3勝3敗、防御率5.21とまたしても不本意なシーズンとなった。今季はプロ10年目。高卒1年目から3年連続で2ケタ勝利を挙げながら以降は低迷が続き、年俸は6年連続でダウン。まさに崖っぷちの状況にある。

 今季、先発復帰と7年ぶりの2ケタ勝利を目指す藤浪の課題は、言うまでもなく「制球難」の克服だ。藤浪いわく、菅野は「日本でもトップクラスの、再現性の高い、安定感のある投球スタイルを持つ投手」。藤浪はさっそく菅野を質問攻めにし「投球動作の中での軸足の使い方」などについて指摘を受けた。巨人のエースと過ごした2週間弱、得るものは多かったようだ。

「菅野にメリットはあったのか?」という声もあるが、かつて同期の大谷翔平(エンゼルス)と並び称された男が輝きを取り戻し、巨人と阪神がハイレベルな優勝争いを繰り広げれば、セ・リーグはもっと盛り上がる。藤浪の熱意を受け入れた菅野の真意は、おそらくそこにあったのではないか。

【「宮本塾」で鍛えられ球界を代表するショートに】

 一軍でレギュラーをつかんだ若手が、守備の面でもさらなるステップアップを目指し、同じポジションを守る他球団のベテランに弟子入り志願するケースもある。その代表例が、2012年、宮本慎也(ヤクルト)の主宰する合同自主トレに参加した坂本勇人(巨人)だ。

 坂本はこの時プロ6年目。ショートのレギュラーを張っていたが、毎年失策が多く、時にはスタメンを外されることもあった。そこで名手・宮本に教えを請うたのである。

 きっかけは前年の球宴で、守備について宮本にアドバイスをもらったことだった。とはいえ、「宮本塾」に参加していた総勢10名ほどの選手はヤクルトの選手ばかり。そこに巨人の選手が単身飛び込んでいくのは勇気の要ることだ。

 実は、後押しをしてくれたのが巨人・原辰徳監督だった。「勇人が行きたいなら、オレが言ってやる」と宮本に話を通し、異例の参加が実現。

 宮本いわく「勇人が来ることによって、ウチの選手もバッティングを見られるじゃないですか。だから別になんとも思わなかった。大先輩が『喝!』とか言ってましたが(笑)」(BS日テレ「日本プロ野球名球会SP2021」より)

 宮本は、坂本のキャッチボールを見た段階で「基本をちゃんと教わってないな」と感じたという。「キャッチボールは、単なるウォーミングアップではない。スローイングとキャッチングの練習なんだ」という意識づけから始まり、ブレない送球をする方法、正しい捕球術、足の運び方などをあらためて坂本に叩き込んだ。時には宮本がバットを握り、厳しい言葉も交え坂本にノックの雨を降らせるシーンも。坂本は当時、こう語っている。

「僕が知らないことを、宮本さんからたくさん聞けている。しんどいけど楽しい。足の使い方など、今まで考えていたこととは全然違った」

 おかげで、今や球界を代表する名ショートとなった坂本。今も自主トレでは若手たちに、宮本から学んだキャッチボールの大切さを説いているそうだ。

【MLBも注目の打者を育てた内川の「打撃の極意」】

 ポスティングによるメジャー移籍を目指す鈴木誠也(広島)。プロ4年目・2016年1月の自主トレで入門したのが、内川聖一(当時ソフトバンク)だった。

 横浜時代の2008年、右打者では史上最高の打率.378を記録。ソフトバンク移籍1年目の2011年には、史上2人目の「両リーグ首位打者」に輝いた内川。鈴木は、日本一の右打者・内川がどんな練習をしているのかを知るため、石井琢朗コーチ(元横浜、当時広島一軍打撃コーチ)らに相談。合同自主トレが実現した。

 鈴木が内川に教わった打撃の極意は、こうだった。

「個人的にわかりやすかったのが、"昆虫の蝶は4つ羽があって、それぞれ違う動きをして飛んでいる"というお話を聞きました。野球も一緒で、きれいに体を動かしているだけでは打てなくて、『全てが違う動きをして一つの作品になって良い打球が打てる』と教わりました」 (『広島アスリートマガジンWeb』2016年、春季キャンプ時のインタビューより)

 大打者が長年かけて会得した技術を、自主トレ中、短期間でモノにできるわけはない。だが一流打者の打撃に対する「考え方」を知り、引き出しを増やすことは大きな財産になる。この年、鈴木は打率.335、29本塁打、95打点と打撃開眼し、広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

【自主トレで生まれた「お化けフォーク」】

 千賀滉大(ソフトバンク)も育成選手だった2012年1月、チームの先輩に誘われ、アスリートコンサルタント・鴻江寿治氏が主宰する自主トレ合宿に参加。ここで吉見一起(元中日)と出会った。

 吉見は前年、中日のセ・リーグ2連覇に貢献したエース。千賀は絶好の機会を逃さず、吉見に勝つための投球術を熱心に聞き出した。当時、球はやたらと速いが、制球難に苦しんでいた千賀にとって、精密なコントロールを誇る吉見は絶好のお手本だった。

 実績皆無の育成選手にもかかわらず、物怖じせずに質問を浴びせてくる千賀を見て、吉見も「コイツ、根性あるな」と気に入り、以降毎年、千賀と自主トレを行なうようになったのである。

 千賀は「真っ直ぐ以外にもうひとつ、決め球を増やしたいんです」と吉見に頼み込み、フォークの投げ方を教わった。吉見直伝の投げ方に独自の研究を加えて編み出したのが、人差し指だけを縫い目にかけ、真っ直ぐよりも強く腕を振る投球法だった。それが「お化けフォーク」である。

 真っ直ぐかと思いきや、急に打者の視界から消えるお化けフォークを武器に、球界を代表するエースへと成長していった千賀。2020年、ナゴヤドーム(現・バンテリンドーム)で行なわれた吉見の引退試合。シーズン中にもかかわらず、客席にはレプリカユニフォームを着て19番のボードを掲げる千賀の姿があった。

 このように、他球団の一流選手との自主トレがきっかけで、球界を代表する選手に成長したケースは多い。

 今年、柳田の自主トレに参加した清宮は、秋季練習で新庄剛志監督に「デブじゃね?」と言われた体を絞り、10キロほどスリムになった。新庄監督は「柳田キャプテン有難う!!」(原文ママ)とツイッターで直接謝意を示したほどだ。

 柳田は、自主トレに参加した清宮と安田尚憲(ロッテ)が今季一定以上の成績を残したら「ギータ賞」を贈呈すると宣言した。もし彼らが発奮して、ソフトバンク戦で打ちまくったらどうするのか? そんな疑問に対する柳田の答えが、実に格好よかった。

「打たれても、自分が打てばいいと思っている」

 ライバルチームの若手を成長させることで、自分への刺激にするという考え方で、坂本を鍛えた宮本と考えは同じだ。他球団の若手と自主トレをする意味は、この言葉に集約されている。

 新型コロナウイルスのクラスターが発生し「ギータ塾」が途中解散となったのは残念だが、清宮は柳田から何を感じ、何を学んだか? 清宮が「ギータ賞」を受賞し、ビッグボスが再び「柳田キャプテン有難う!!」とツイートするようなことになれば、今年のパ・リーグはさらに面白くなるはずだ。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定