松下信治が鈴鹿でホンダNSX-GTを初ドライブ「期待に応えることができればと思っています」

1

2022年01月25日 22:51  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スーパーGT鈴鹿メーカーテストでAstemo NSX-GTをドライブした松下信治
スーパーGT鈴鹿メーカーテストでAstemo NSX-GTをドライブした松下信治
 1月25日、三重県の鈴鹿サーキットでスタートしたスーパーGTのメーカーテスト。今季初めて3メーカーのマシンがともに走行することになったが、2022年にAstemo REAL RACINGに加わった松下信治が、このテストでホンダNSX-GTを初めてドライブした。

 2020年までFIA-F2を戦ってきた松下は、シーズン途中に日本に戻り、高木真一の負傷欠場にともないARTAからGT300クラスに参戦。2021年はニッサン陣営に移籍し、GT500クラスでカルソニックIMPUL GT-Rをドライブ。優勝を飾るなど活躍をみせてきた。

 そんな松下は2022年、ホンダに復帰。スーパーGTではAstemo REAL RACINGから、全日本スーパーフォーミュラ選手権にはB-Max Racingから参戦することになる。そんな松下が、この日Astemo NSX-GTを午後の終盤のみながら、初めてドライブした。

 まずファンにとっても気になるのは、その乗り味だ。ニッサンは2022年からZ GT500に車種が変更されるため、2021年までのGT-Rとの比較にはなるが、「今日はまだ5周くらいしかしていませんが、制御系など洗練されているような印象を受けました。乗りやすいと思います」とNSX-GTのファーストインプレッションを語った。本格的にドライブするのは、テスト2日目以降となることから、そこからはさらに習熟を深めていくことになるだろう。

 そして松下にとって、REAL RACINGでのレースはひさびさとなる。2014年、全日本F3選手権でチャンピオンを獲得したときのチームがREAL RACINGだ。「チームはF3で在籍していたときとまったく変わらず、『REAL RACINGだな』という雰囲気ですね」と松下は笑顔をみせた。

「でも、それから8年ほど経っているので、いなくなった人もいれば新たに加わった人もいるので、そういう意味では新たな環境ではないかと思っています」

 また、チームメイトとなる塚越広大とも、ホンダ育成プログラムの先輩・後輩の間柄ながら、当然コンビを組むのは初めてだ。「塚越選手とは、スーパーフォーミュラで一緒に走ったりしたことはありますが、もちろんチームメイトになるのは初めてです。僕もまだあまり乗っていませんし、これからどんどん慣れていかなければいけません」と松下は語った。

 2022年、ふたたびホンダに戻った松下は、スーパーGT、そしてスーパーフォーミュラともに開幕前からしっかりと準備を整えて迎える。「スーパーGTもスーパーフォーミュラも地に足をつけて開幕を迎えられますし、チームにも期待をしていただいてるので、それに応えることができればと思っています」と今季に向け強い意気込みをのぞかせた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定