<全部が体験談>【後編】子どもがママを成長させてくれる!産後ママに訪れた心の変化

0

2022年01月26日 15:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

前回からの続き。出産を経て母となった今、独身の頃や子どもを産む前と比べて、何がどんな風に変化しましたか? 身体の変化だけでなく、「心の変化」を感じているママも多いことでしょう。

何でもかんでも「子どもが中心」


『自分のことは二の次だね』
『自分中心の生活から子ども中心の生活に』
『とりあえず自分のことは後回しだよね』
よくも悪くも子ども中心の生活がスタートします。子どもの体調不良で仕事を休まざるを得ないことだってあるでしょう。しかし気晴らしにママの1人時間をもらったとしても、お茶をしながらスマホに入った子どもの写真を見返したり、子どもの服を買ったり。結局、頭のなかは子どものことでいっぱいなんですよね。

人間としてレベルアップした!

『何をするにも計画的になったよ』
『遊び歩かなくなった分、まともになったと思う』
『朝型の生活リズムとなり、食生活も整って健康的な毎日で充実している』
『家事のスピードがグンと上がった』
子どもが産まれる前のような自由な生活はできなくなりました。しかし規則正しい生活を送るようになったり、家事や育児の効率を考えて行動をすることが増え、結果として健やかな毎日を送れているのではないでしょうか。

メンタルが強くなった

『子どもに関する悩み以外、どうでもよくなった。いちいち落ち込んでいたらキリがないよね』
『ウジウジ悩む時間も子育てしていたらないよね。気持ちの切り替えが早くなった気がする』
ママはただでさえ忙しく手いっぱい。待ったなしの子育てにメンタルが強化されたママの姿も。「悩む時間があったら眠りたい」と思うママもきっといますよね。

涙もろくなった

『子どもの卒園式で泣くと思わなかった』
『ものすごい涙もろくなった』
子どもを産んでから「こんなに涙もろかったっけ!?」と感じるママも。筆者も子どもの運動会で、わが子ではないのに年長さんの選手宣誓や、発表会の歌で涙してしまい驚きました。わが子の卒園式はきっと、涙でメイクがドロドロになってしまうことでしょう……。

子どもがかわいくて仕方ない!

『正直子どもを産むまでは子ども嫌いだった。産んでみたらびっくりするくらい可愛い。わが子をSNSに投稿する気持ちがようやくわかった』
『私は現保育士です。園児はもちろん可愛いけれど、出産してからはますます可愛いと思えました!』
街なかで見かける子どもに対する見方もずいぶん変わったのではないでしょうか。また「嫌い」という気持ちを「好き」に変えてしまうほど、子どもの存在やパワーは不思議なものですね!

愛する旦那さんへの想いは……

『旦那のことが心底どうでもよくなった』
『旦那への愛情がなくなり、憎しみしかなくなった』
出産を経て、ママの心に大きな変化が……。「産後の恨みは一生」なんて言ったりもしますし、パパが何か踏んではいけない地雷を踏んでしまったのかもしれませんね。

人生最高の幸せが訪れた

『人生が大きく変わった! 正直生きていてもつまらない日々で何もかも嫌になっていた。けれど子どもはすごいね。私に生きる気力を与えてくれた』
『家庭の事情で愛に飢えて生きてきたからか、子どもが産まれた途端見えるものすべてが輝き始めたの。18年経った今もずっと幸せだよ』
『子どもを産んだら人生が終わりだと思っていたけれど、違う。人生の始まりだった。今や生きがいだよ』
ママたちの人生まで大きく変えてくれた子どもの誕生。ママを必要とし、無償の愛を注いでくれる子どものおかげで、ママは毎日幸せに過ごせるのです。執筆をしながら少し泣きそうです。子どもたちよ、いつも怒ってばっかりでごめんね。大好きだよ!

今だからわかる「あの頃の母の気持ち」



ママたちの人生を変えたわが子の誕生。きっと今まさに、子どものお世話に忙しいママもいることでしょう。
『子どもを産んでから親のありがたみがわかったよ。若いころ悪いことばかりして心配かけたことを今になって猛反省』
『「母はなぜ暇さえあれば寝ているのか」ようやく謎が解けました』
子どもが産まれ「子育てする側」になった今、母の大変さに気がついたというママも。育ててくれた母へ感謝の気持ちも生まれた、素敵なトピックでした!

文・吉岡可奈 編集・Natsu イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定