最強アンデッドになってしまった冒険者の困惑ストーリー、絢瀬あとり新刊1巻

0

2022年01月26日 20:46  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた」1巻(帯付き)
「ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた」1巻(帯付き)
九頭七尾原作による絢瀬あとり「ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた」1巻が、本日1月26日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

「ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた」は、ダンジョンで命を落とした冒険者・ジオンがアンデッド化し、長い年月を経て自我を取り戻したことから始まる物語。死んだはずなのになぜ自分が復活できたのかわからないジオンはダンジョンをさまよい、どんな強力な魔物も一撃で殲滅できる力が自分に備わっていることに気が付く。最強のアンデッドとなった彼を人間は恐れ滅しようとするがどんな攻撃も刃が立たず、生前から人付き合いが苦手だったジオンは事情を説明することもできず人々を恐怖させてしまう。同作は小説を原作としたコミカライズ作品で、KADOKAWAの少年エースplus作品としてComicWalkerで連載中。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定