「ルージュ・エルメス」2022年春夏は画家の庭園から着想した3色 ポップなカラーの新ケースで登場

0

2022年01月27日 10:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真<br />                    「ルージュ・エルメス」2022年春夏リミテッド・エディション<br /><br />                    Image by: ©Joaquin Laginge<br />

「ルージュ・エルメス」2022年春夏リミテッド・エディション

Image by: ©Joaquin Laginge
 「エルメス(HERMÈS)」が、リップスティック「ルージュ・エルメス」2022年春夏シーズンのリミテッド・エディションを2月1日に発売する。ローズ・ナンフィア 38、オランジュ・カピュシーヌ 35、ベージュ・ドー 05の3色をラインナップし、価格は各税込8800円。エルメス 銀座店、表参道店、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店などの店舗や公式オンラインブティック、三越伊勢丹化粧品オンラインサイト「ミーコ(meeco)」などで取り扱う。

 2022年春夏リミテッド・エディションは画家の庭園を着想源に、早春の朝の空、太陽、および煌めく水が織りなす色彩のハーモニーを称える色に満ちた夢の光景を表現。水面に映るバラ色の空の輝きをイメージした「ローズ・ナンフィア 38」や、太陽のように生き生きとしたタッチで輝きに満ちあふれた歓喜を感じさせる「オランジュ・カピュシーヌ 35」、そっとプレスされたアーモンドの花のような甘さのある「ベージュ・ドー 05」の3色を販売する。シューズ/ジュエリー部門のクリエイティブディレクターのピエール・アルディが手掛けたリフィルの付け替え可能なケースは、ポップなカラーと印象派の絵画を思わせる色使いで登場。ネオンのように発光するオレンジ、明るいグリーン、レッドを用いて、空の青さ、水の輝き、霧のはかなさを表現したという。
 ルージュ・エルメスは2020年3月にデビュー。7万5000色におよぶシルクの色見本と900色のレザーの色見本からセレクトしたカラーや、エルメスを象徴する「オレンジボックス」のミニチュアサイズの包装など、手のひらサイズのアイテムながらもメゾンのエスプリを詰め込んでおり、高い人気を誇る。

■取り扱い店舗エルメス銀座店エルメス表参道店エルメス 阪急うめだ本店エルメス ジェイアール名古屋タカシマヤエルメス ヒルトンプラザ店エルメス 岩田屋本店エルメス 西武池袋本店エルメス 心斎橋大丸店エルメス 公式オンラインブティックHANKYU HANSHIN E-STORES三越伊勢丹化粧品オンラインサイト meeco

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定