オークラ、ジャカルタに2025年進出 ホテルとレジデンス、大浴場も

0

2022年01月27日 11:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

三菱地所などは、現地デベロッパーとインドネシア・ジャカルタ中心部で開発している分譲型サービスアパートメント・ホテルの運営管理契約を、ホテルオークラと締結した。2025年の開業を目指す。

ホテルオークラは、「オークラレジデンス ジャカルタ」、「ホテルオークラジャカルタ」として2025年の開業を目指す。三菱地所として初の分譲型サービスアパートメント・ホテルの開発プロジェクトで、ホテルオークラにとっても「ホテルオークラ」ブランドでの初のインドネシア出店となる。

ジャカルタ中心部に、地上46階建ての分譲型サービスアパートメントを353戸、ホテル181室を建設している。総事業費は約212億円。年内に開通予定のLRT(軽量高架鉄道)新駅にも至近な、交通利便性に優れたエリアに位置している。

ホテルは、客室標準面積が38平方メートルで、オールデイダイニング、和食レストラン、クラブラウンジ、バー、宴会場、会議室、屋内外プール、フィットネス、大浴場を備える。分譲型サービスアパートメントは最大4ベッドルームで、ペントハウス、インフィニティプール、大浴場、ボールルームも擁する。

    ニュース設定