相鉄・東急直通線、23年3月開業 東急・相鉄・メトロ・都営・埼玉高速・東武から新横浜に直通

262

2022年01月27日 15:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と相模鉄道(相鉄)、東急電鉄は、羽沢横浜国大駅〜日吉駅間の「相鉄・東急直通線」が2023年3月に開業を予定していることを明らかにした。

「相鉄・東急直通線」は、羽沢横浜国大駅と日吉駅を結ぶ、全長10キロの区間。相鉄本線・いずみ野線、東急東横線・目黒線に接続し、東京メトロ南北線・副都心線、都営三田線、埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線、東武東上線まで直通運転する。

土木工事は概ね完了しており、軌道・電気・駅舎の建築や機械設備の工事完了後、施設の検査、乗務員の訓練運転、国土交通省による完成検査を実施することにしている。これらの工事が円滑に進捗する前提で、「相鉄・東急直通線」は2023年3月の開業を予定している。詳細の開業日は、別途発表する。

相鉄と東急電鉄は、西谷〜羽沢横浜国大〜新横浜駅間を「相鉄新横浜線」、新横浜〜新綱島〜日吉駅間を「東急新横浜線」として運行することにしている。このうち、西谷〜羽沢横浜国大駅間は先行開業している。相鉄新横浜線の羽沢横浜国大〜新横浜駅間は朝ラッシュ時に毎時10本、その他の時間帯に同4本、東急新横浜線は朝ラッシュ時は同14本、その他の時間帯は同6本を運行することにしている。

所要時間は、大和〜新横浜駅間が約19分、湘南台〜新横浜駅間が約23分、新横浜〜渋谷駅間が約30分を予定している。東急新横浜線の開業により、東海道新幹線を除いて、初めて東京都心と新横浜を直結する交通手段が誕生することになる。

相鉄新横浜線・東急新横浜線を介して、東京メトロ南北線・副都心線、都営三田線、埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線、東武東上線が直通運転を行い、7社局14路線を結ぶ広大な鉄道ネットワークが誕生する。また新横浜駅へのアクセスが向上し、首都圏から中京・関西方面への出張や旅行がさらに便利になるとしている。なお、西武鉄道は、西武有楽町線・池袋線・狭山線と相鉄新横浜線・東急新横浜線の直通運転を実施しない。

このニュースに関するつぶやき

  • 大深度地下法様様ですよ
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(100件)

ニュース設定