スマホサイズだけどパワフル! ポケットに入る薄型4KミニPC「MOREFINE M6」

1

2022年01月27日 20:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
米国最大級のクラウドファンディングサイトINDIEGOGOに、薄型4KミニPC「MOREFINE M6」が登場しました。記事執筆時点で約140名のサポーターから約41万香港ドル(約600万円)を集めており、目標額に対する達成率は3000%を超える人気ぶりです。

ポケットに入るミニPCデスクトップPCを使うとき、「ケーブルがごちゃごちゃと絡まる」「リビングルーム、寝室、オフィス、学校、会議室など、それぞれに買わなければならない」などの経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

インテルN5105プロセッサー搭載の薄型ミニPC「MOREFINE M6」は、このような課題を解決するためにぴったりのアイテムかもしれません。155×80×19mmというコンパクトなサイズで、オフィスや家庭に設置しても机の上を広々と使うことができます。

同製品は、スマートフォンや外付けハードディスク並みのサイズ・重量で、ポケットに入れて持ち運ぶこともできるミニPC。販売会社の担当者は「MOREFINE M6を使えば、リビングルーム、寝室、勉強部屋、会議室、オフィス、学校などに複数のPCを用意する必要はありません。M6を持ち運ぶだけでいいのです」とコメント。

インテルN5105プロセッサー搭載そんな「MOREFINE M6」が搭載しているのは、10NMプロセスを採用したIntel Jasper Lake N5105で、ポケットサイズのミニPCでは最もパワフルなCPUのひとつとのこと。作業中のシームレスなマルチタスクと、ラグのない軽やかなスイッチングを実現します。

また、アップグレード可能なRAMとSSDは、オープニング、ソフトウェアの読み込み、ファイルの読み込みの速度を向上させることも可能なようです。

「MOREFINE M6 8G+256G」は、記事執筆時点で1993香港ドル(約2万9000円)で応援購入できます。 出資は2月20日まで受け付け、世界各国への発送は2022年4月を予定しています。

INDIEGOGO

(文・Takeuchi)

このニュースに関するつぶやき

  • せめてメインメモリーが16GBだったら考えるのだがw256GBの保存領域も中途半端。1Tは欲しいところ。まぁ窓を走らせる事が前提ではあるが・・・。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定