3戦連発の伊東純也「雄太からいいボール」 攻撃の課題も口に「もっと楽な試合になった」

11

2022年01月27日 21:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真3戦連発の伊東純也 [写真]=金田慎平
3戦連発の伊東純也 [写真]=金田慎平
 日本代表FW伊東純也が、27日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選の中国代表戦を振り返った。

 右ウイングとして先発した伊東は序盤から日本の攻撃をけん引。11分に相手のハンドを誘って大迫勇也の先制点となったPKを獲得すると、61分には中山雄太のクロスに頭で合わせて自らもネットを揺らし、3試合連続ゴールを記録した。

 試合後のフラッシュインタビューで得点シーンを振り返った伊東は、「チームが勝てればいいかなと思っていましたし、雄太からいいボールが来たので合わせるだけでした」とコメント。PKを獲得したシーンについては次のように語った。

「酒井(宏樹)君がボールを持った時にスペースがあったので走り込んで、マイナスにチップで上げようかなと思ったら、うまく相手の手に当たった。アレはラッキーでしたけど、あそこで1点取れたのは大きかったなと思います」

 ただ、先制後は試合を圧倒的に支配しながらも追加点が奪えない時間帯が続いた日本代表。伊東も「多くチャンスは作れていたんですけど、決め切ることはできなかったので、あそこで決めきれればもっと楽な試合になったと思います。ここから次に向けてしっかり修正したいなと思います」と反省を口にした。

 伊東は最後に、2月1日に控える首位サウジアラビア代表との決戦に向けての意気込みを示している。

「ここで次しっかり勝って、前回負けているので、(サウジアラビアを下して)ワールドカップに近づけるようにしたいなと思います」

このニュースに関するつぶやき

  • にしても、何故に中国はこんなに弱い。経験値だろうか?ワカラン。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定