ガスリー、角田裕毅の加入も成長の要因に「2021年は最も安定したシーズンだった」

0

2022年01月28日 08:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1 ピエール・ガスリー、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1 ピエール・ガスリー、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
 アルファタウリのピエール・ガスリーがF1公式サイトのインタビューに答え、チームメイトの角田裕毅の存在が2021年シーズンの自身の成長につながったと語った。

 ガスリーは昨シーズン、22戦で15回の入賞を重ね110ポイントを稼ぎ出した。これはシーズン半ばまでレッドブルに所属していた2019年も含めて彼のキャリアで最多で、彼にとって2021年は飛躍の年となった。

「2021年はF1において最も安定した年だった」とF1公式サイトに公開されたインタビューで認めたガスリーは、「セットアップの面でも、(レースウィークの)週末を最大限に活用するということに関しても、一歩前進できたと思う」と語った。

 2018年にトロロッソ(現アルファタウリ)からF1デビューを果たしたガスリーは、2019年にレッドブルに昇格。しかし、レッドブルでの成績不振によりシーズン途中でトロロッソに降格し、その後は同チームで過ごしている。

 ガスリーは昨シーズンのキーポイントとして、初めて同じチームで2シーズンを連続してフル参戦できたことを挙げている。「同じエンジニアたちと一緒にいることで、お互いに何が必要かをよりよく理解できるようになった」という。

 しかし彼によれば、角田裕毅の加入も彼の成長の一つの要因となったようだ。

 これまでガスリーはマックス・フェルスタッペンやダニール・クビアトなど、自身より長いキャリアを持つドライバーと組む事が多かった。しかし、2021年はルーキーの角田がチームメイトになったことで、彼は名実ともにアルファタウリのエースとして扱われることになり、チームを引っ張る立場になった。彼はこの変化をこう語った。

「裕毅がルーキーとして入ってきたことで、僕らが向かう方向性に対してさらに責任を持つようになったし、チームにより深く関わることで技術的に多くのことを学べたと思う」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定