まるで“お祭り騒ぎ”!? 長回しで挑んだ圧巻の余興シーン『ウェディング・ハイ』現場レポート&メイキング写真

0

2022年01月28日 12:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ウェディング・ハイ』メイキング (c)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会
『ウェディング・ハイ』メイキング (c)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会
結婚式を舞台に繰り広げられる群像コメディ映画『ウェディング・ハイ』より、現場レポートとメイキング写真が解禁された。




本作は、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど脚本家としても才能を発揮する笑いの鬼才・バカリズムが手掛けた完全オリジナルストーリー。『勝手にふるえてろ』などの大九明子が監督を務め、主演の篠原涼子をはじめ、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実など豪華キャストが、抱腹絶倒の波を巻き起こす。

2021年3月に行われた披露宴シーンの撮影は、新郎新婦をはじめ同僚、友人、親戚など、エキストラを含め総勢60名以上のキャストが集結する大規模なものになった。大九監督が撮影で最も大切にしたのは、“結婚礼賛映画”ではないという点。「結婚しようが別れようがいろいろな人生があって、それでも輝いて前向きに生きている。その中でたった1日の“結婚式”という舞台で、様々な人が集まり全力で祝うお祭りを描けたら」と本作に込めた想いを明かしている。

撮影では天井ギリギリまで上がるクレーンを含め、カメラを3台用意。まずは全体を通してのテストから始まり、会場が暗くなると、クレーンカメラが中央の和太鼓をとらえ、ステージ上とフロア全体は別のカメラが狙う。余興を演じるキャストはもちろんのこと、参列者たちも巻き込んだ圧巻の演出に会場の熱気は最高潮に。観る人たちを圧倒する約4分間の長回しとなったシーンに監督の「OK」が出ると、キャストからもスタッフからも大きな拍手が沸き起こり、モニター前では監督が「カッコイイー!」と誰よりも盛り上がっていた。

数々のトラブルやクセ者に振り回されながらも、プランナーとして見事に受け止めた篠原さんは「この作品は、心が温まって、楽しくって、笑いがあって、涙があって、よくありがちな言葉かもしれませんが、本当にそういう風に思います。そして、キャストの皆様の素晴らしい演技で、本当に笑ってしまうくらいに面白いシーンがたくさんあるので、是非期待して頂きたいなと思います」とコメント。観る人全てが笑顔になる“お祭り騒ぎ”に期待が高まる。

『ウェディング・ハイ』は3月12日(土)より全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定