人間によって無慈悲に絶滅させられた8種の動物たちの物語、単行本化

2

2022年01月28日 13:17  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「絶滅動物物語」
「絶滅動物物語」
うすくらふみ「絶滅動物物語」が、本日1月28日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

ドードー、ステラーカイギュウ、ニホンオオカミなど、人間によって絶滅させられた8種の動物や鳥たちを描く同作。1741年、医師・博物学者のステラーを乗せた船は、嵐による遭難の末、カムチャツカ半島の東の沖に浮かぶ無人島に座礁した。あるとき、島の野生動物を観察していたステラーは巨大なカイギュウを発見。腹を空かせていた乗組員たちは、カイギュウを捕獲して食べることにする。その後、ステラーは無事に島を脱出し、ラッコやトド、オットセイ、クロテンと併せて巨大なカイギュウについても報告。するとこれを機に、カイギュウはラッコ狩りにきた毛皮漁師たちの理想の食糧とされ……。なお同作は「ざんねんないきもの事典」の監修者であり、動物絶滅の専門家・今泉忠明氏が監修。ビッグコミック(小学館)で発表された。

このニュースに関するつぶやき

  • ×人間 ○クソ白人共
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定