「泣きたい夜の甘味処」熊と鮭が営む、夜しか開いてない不思議なお店に癒される

0

2022年01月28日 20:05  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「泣きたい夜の甘味処」(帯付き)
「泣きたい夜の甘味処」(帯付き)
中山有香里の単行本「泣きたい夜の甘味処」が、本日1月28日にKADOKAWAから発売された。帯には末次由紀が推薦文を寄せている。

【大きな画像をもっと見る】

「泣きたい夜の甘味処」は、熊と鮭が営む不思議な甘味処を舞台にしたハートフルストーリー。夜にしか開いていないその店に疲れた人々が迷い込み、温かい飲み物と甘いものに心癒されていく様子を描く。くたくたのサラリーマンが「油断すると泣いてしまいそうだ」「やっと今日初めて仕事以外のことを考えられた」と夢中で頬張るドーナツ、赤ん坊の世話に忙殺されるお母さんが「久しぶりに自分のために何かを選んだ気がする…」とパフェに感動する“私だけのパフェ”などさまざまなスイーツが登場し、マンガで描かれた甘いもののレシピも幕間に収録。描き下ろしも52ページ収められた。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定