映画「鹿の王」公開記念特番でProduction I.Gに潜入、安藤雅司監督も制作過程を解説

0

2022年01月29日 06:02  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真堤真一
堤真一
劇場アニメ「鹿の王 ユナと約束の旅」の公開記念特番「世界が羨む!にっぽん研究所」が、2月5日15時より日本テレビで放送される。

【大きな画像をもっと見る】

“所長”の土田晃之が、「鹿の王 ユナと約束の旅」のメインキャストであるヴァン役の堤真一、ホッサル役の竹内涼真、サエ役の杏をゲストに迎え、クイズを交えながら、日本の魅力をとことん研究していくこの番組。“日本の魅力”として「世界に誇る日本のアニメーション技術」を取り上げるパートでは、「鹿の王 ユナと約束の旅」を制作するProduction I.Gに潜入し、制作の裏側が明かされる。さらに同作で初監督を務めた安藤雅司も登場。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「君の名は。」で作画監督を担ったトップアニメーターの安藤は、キャラクターの動き、表情、風景などの制作過程や、日本のアニメーターたちが切磋琢磨して培ってきた表現力や技術力について解説していく。

上橋菜穂子の小説を原作とする「鹿の王 ユナと約束の旅」は、2月4日に全国公開。世界を侵食する謎の病から生き延びた孤独な戦士・ヴァンと、彼が拾った幼い少女・ユナ、そして謎の病の治療法を探す天才医師・ホッサルらが過酷な運命に翻弄される様が描かれる。

■ 映画「鹿の王 ユナと約束の旅」公開記念 世界が羨む!にっぽん研究所
日時:2022年2月5日(土)15:00〜15:55
放送局:日本テレビ

■ 劇場アニメ「鹿の王 ユナと約束の旅」
2022年2月4日(金)公開

声の出演:堤真一、竹内涼真、杏、木村日翠、安原義人、桜井トオル、藤真秀、中博史、玄田哲章、西村知道
原作:上橋菜穂子「鹿の王」(角川文庫)
監督:安藤雅司、宮地昌幸
脚本:岸本卓
キャラクターデザイン・作画監督:安藤雅司
コンセプトビジュアル:品川宏樹
美術監督:大野広司
色彩設計:橋本賢
撮影監督:田中宏侍
音響監督:菊田浩巳
音楽:富貴晴美
制作スタジオ:Production I.G

(c)2021「鹿の王」製作委員会

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定