エヴァートン新監督はランパードで決定か…ファンの支持受け1年ぶりに現場復帰へ

0

2022年01月29日 12:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真エヴァートンが招へいを目論むランパード氏 [写真]=Getty Images
エヴァートンが招へいを目論むランパード氏 [写真]=Getty Images
 エヴァートンは、新監督としてフランク・ランパード氏を招へいする方針を固めたようだ。28日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 プレミアリーグで現在16位に沈むエヴァートンは、今季からチームを率いていたラファエル・ベニテス前監督を16日に解任。その後任として、元フェネルバフチェ指揮官のヴィトール・ペレイラ氏らの名前が挙がっていたなか、エヴァートン幹部に選ばれたのはランパード氏となったようだ。まもなくクラブとの契約を締結し、その後公式発表がされるものと見られている。

 当初、エヴァートンの幹部はペレイラ氏の招へいに向けて前向きだったというものの、それに対するファンからの反発が強く、本拠地のグディソン・パークでは座り込みや抗議行動に加えて「ペレイラOUTランパードIN」といった落書きも行われた。そして最終的には、ファンからも支持されたチェルシーのレジェンドが複数回の面接を経て、エヴァートン幹部の信頼を掴んだ形となった。

 現在43歳のランパード氏は現役時代にチェルシーなどで活躍し、同クラブで歴代4位の公式戦通算648試合に出場。211ゴール150アシストを記録し、3度のプレミアリーグ制覇や4度のFAカップ制覇、2012年のチャンピオンズリーグ優勝などに貢献した。

 現役引退後はチェルシーの下部組織で指導者キャリアをスタートさせ、2018年夏にダービーの監督に就任すると、2019年夏には監督としてチェルシーに帰還。1シーズン目は補強禁止処分を乗り越えチームを4位に導いたものの、2シーズン目途中の2021年1月25日に成績不振で解任されていた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定