クラブ・ブルージュがデンマーク代表FWスコウ・オルセンを獲得…ボローニャから完全移籍

0

2022年01月29日 18:16  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真スコウ・オルセンがクラブ・ブルージュに完全移籍 [写真]=Getty Images
スコウ・オルセンがクラブ・ブルージュに完全移籍 [写真]=Getty Images
 クラブ・ブルージュは28日、ボローニャからデンマーク代表FWアンドレアス・スコウ・オルセンを完全移籍で獲得したと発表した。

 契約期間は2026年6月30日までの4年半となり、背番号は「7」に決定した。移籍情報サイト『transfermarkt』によると、クラブ・ブルージュがボローニャに支払う移籍金は700万ユーロ(約9億円)となる模様だ。

Looking gooooood! 🔵⚫️ pic.twitter.com/n6yDIi1emy— Club Brugge KV (@ClubBrugge) January 28, 2022

 現在22歳のスコウ・オルセンは、右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカー。母国ノアシェランの下部組織出身で、2017年にトップチームデビューを飾った。同クラブでは公式戦通算51試合の出場で27得点を記録し、バルセロナやトッテナムなどのビッグクラブも獲得に関心を示したが、2019年夏に600万ユーロ(当時レートで約7億2000万円)の移籍金でボローニャへと完全移籍した。

 鳴り物入りで加入したボローニャでは、ポジションやプレースタイルが近いイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニの存在も影響し、スコウ・オルセンはジョーカー的な役回りが中心に。セリエA通算70試合に出場して3得点5アシストを記録したが、在籍2年半で先発は25回にとどまった。

 一方、2020年10月にデビューを飾ったデンマーク代表では水を得た魚のように活躍。デビュー戦の国際親善試合フェロー代表戦で1ゴール2アシストを記録すると、FIFAワールドカップカタール2022欧州予選では全10試合の出場で5得点3アシストをマークし、母国を本戦ストレートインに導いた。また、昨年夏に行われたEURO2020でも2試合に出場した。
    ニュース設定