「マスク解除」と言われても…マスクを“はずせない”若者たちが「一生マスクでもいい」と思う理由

456

2022年05月11日 22:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真電車やバス、混み合う空間のなかでマスクをしていない人を見かけたら、どう思うだろう。2年数か月続くマスク習慣のなかで、マスクをはずしたくない若者が増えているという。
電車やバス、混み合う空間のなかでマスクをしていない人を見かけたら、どう思うだろう。2年数か月続くマスク習慣のなかで、マスクをはずしたくない若者が増えているという。
混んだ電車内でマスクなしの人を見かけるとギョッとしてしまう。この2年数か月の習慣は、人々の意識を変えた。今年のGWは3年ぶりに規制なし、夏にはマスク着用緩和などの方向性も見えてきたようだ。

全国の新規感染者数は一時期に比べれば減ったものの、一部地域ではまた増加傾向にある状態で、マスクをしないのはいかがなものかという声もあれば、屋外で人が密集していないのに着けているのはむしろ不合理という意見もある。

マスクを“はずせない”若者たち

そんな中で、マスクに慣れてしまったために外せないと考える若者たちが増えている。

「うちの高校生の息子は、当分、マスクを外さないと言っています。高校入学時からマスクをしていて、今は高校3年生になりました。

考えたらかわいそうですが、ずっとマスクと一緒の高校時代。高校の卒業アルバムを生徒たちで作ることになり、クラスのスナップ写真を撮るときも『今だけマスクをはずそうよ』と言った写真部の子に、『やっぱりはずしたくない』という子が続出したそうです。

感染がどうというより、今や顔の一部になっているので恥ずかしくて素顔をさらけ出せないようですね」

この子たちの将来は大丈夫なのかしらと苦笑したのはサチカさん(46歳)だ。中学生の娘も同じようにマスクのない生活は考えられないと言っているそうだ。

「私は、いつになったら口紅がつけられるのかしらとマスク解除を楽しみにしているんですが、子どもたちにとってこの2年数か月は長かったんでしょうね。私の人生の2年と、彼らの2年とでは重さが違いますから」

おそらく、マスクをとる日がくれば、若いだけにまた慣れていくはずだとサチカさんは楽観していたのだが、つい先日、娘の言葉にびっくりした。

「娘が、もう一生マスクをしていてもいいと言ったんですよ。友だちもマスクをした上で顔を認識しているし、『目だけでいろいろなことがわかるよ』って。目の表情だけで気持ちを読むようになっているんですね。

マスクをはずして顔の全体像がわかるようになったら、むしろ表情が読めなくなるのかも。そう考えたら、たかがマスクとは言えないなと」

大人はともかく10代の若者たちにとっては、今後、大きな壁が待ち受けているのかもしれない。

マスクをはずすのは怖い?恥ずかしい?

湿度の高い日本の夏に、マスクは確かに苦しい。この2年でそう感じた人も多いだろう。

「私はすでに、出勤するとき最寄り駅まではマスク片手に歩いています。しまっているとわざわざ近寄ってきて『マスクしなさい』と言ってくる人もいますから、マスクを手にしたまま駅まで行く。駅が近づいてきて人が増えてきたら着けます。

昨年の夏に、マスクつけっぱなしでひどく肌荒れしたので、少しでもそれを防ぎたい」

そう言うのはマリさん(36歳)だ。着けたり外したりするのは手間がかかるが、それでも「着けっぱなしはつらい」と言う。

「不織布マスクは会社にも置いてあります。私は外回りの仕事が多いので、汗をかいたらマスクはつけ替える。マスク代がバカになりませんがしかたない」

マリさんは今も、大勢での会食は避けているし、会社からも禁止されているという。仲のいい同僚数人で、会社近くの居酒屋へ寄る程度で、それも2時間程度でお開きとなり、二次会はしない。

「それでも同僚や上司の素顔を久しぶりに見て、妙に感激したりしました(笑)。隣の部署の人と久々にランチしたときは、この人、こんな顔してたっけと思ったこともあります。

先方も同じように思っていたみたいで、ふたりで笑ってしまいました。それほど長い間、他人の素顔をまじまじとは見ていないということですよね。ただ、その彼女は入社5年の20代なんですが、『マスクをとるのがとにかく恥ずかしい』と言っていました」

今や“顔パンツ”とも言われているマスク。はずすのが怖いと感じるのは10代のみならず、20代にも広がっているのかもしれない。

「感染状況を見ても、まだ気持ちを緩めるわけにはいかないですよね。マスクの解除はまだまだ時間がかかると思う。あとは場所や状態に応じて、自分で判断するしかない」

少しずつはずす時間が長くなっていけば、いつか恥ずかしい気持ちも払拭できるようになるのだろうか。

亀山 早苗プロフィール

フリーライター。明治大学文学部卒業。男女の人間模様を中心に20年以上にわたって取材を重ね、女性の生き方についての問題提起を続けている。恋愛や結婚・離婚、性の問題、貧困、ひきこもりなど幅広く執筆。趣味はくまモンの追っかけ、落語、歌舞伎など古典芸能鑑賞。
(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • 病気でもないのにマスクを外せないあなたを病気と言う気はないけど。マスクをしていない人に怒りを感じたり恐怖するなら、完全に病気です。
    • イイネ!140
    • コメント 19件

つぶやき一覧へ(316件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定