「買ってないのに請求された」 近鉄の特急券ネット販売でミス30件

18

2022年05月13日 20:11  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真近畿日本鉄道本社=大阪市天王寺区
近畿日本鉄道本社=大阪市天王寺区

 近畿日本鉄道は13日、特急券のインターネット予約発売サービスで、実際には購入手続きが完了しなかったにもかかわらず、代金を請求していた事案があったと発表した。誤って請求したのは30件(計6万1370円)あり、すでに返金処理を終えたという。


 近鉄によると、5月9日、サービスの利用者から「特急券を購入できなかったのに、代金が請求された」と連絡があって発覚した。


 クレジット決済の処理状況を確認するシステムにエラーが起き、決済処理が取り消されていないケースが検知されなかったという。検知されれば、本来は職員が手動で取り消しの処理をする。


 近鉄が確認したところ、同様の誤請求は昨年9月2日に2件、今年2月26日に2件、4月16日に26件あった。今後、システムを改修する。(松永和彦)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 大阪〜名古屋の特急券料金に近いかな?乗れんかったら意味ないけどw
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定