アメリカ国防長官とロシア国防相が電話協議 ウクライナ侵攻後初

33

2022年05月14日 01:17  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真米議会上院の公聴会で証言するオースティン国防長官=4月7日、ワシントン、ランハム裕子撮影
米議会上院の公聴会で証言するオースティン国防長官=4月7日、ワシントン、ランハム裕子撮影

 米国防総省は13日、オースティン国防長官がロシアのショイグ国防相と電話で協議したと発表した。両者による協議は、ロシアがウクライナに侵攻する直前の2月18日以来という。


 米国防総省の発表によると、オースティン氏は即時の停戦を求めるとともに、両国間の連絡ルートを維持することの重要性を強調したという。


 ロシア国防省も電話協議が開かれたことを明らかにし、「ウクライナ情勢を含む現在の国際的な安全保障の問題を協議した」としている。インタファクス通信が伝えた。米国側の呼びかけで協議が行われたとしている。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 国際政治の表舞台には、日本より人口が少なく、GDPが低い独国ショルツ、英国ジョンソン、仏国マクロンが頻繫に登場しますが、日本岸田が出ることは稀です。斜陽国家日本に希望が抱けない。
    • イイネ!8
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(27件)

前日のランキングへ

ニュース設定