大人のための星占い!5月16日〜5月22日の運勢【おひつじ座〜うお座】

4

2022年05月15日 21:51  All About

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真2022年5月第3週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
2022年5月第3週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年5月16日〜5月22日の運勢を西洋占星術で占います。

世の中を牽引する幸運の定義が変わって、あらゆるジャンルで方向転換が起こるでしょう。ただ、その方針が変わったことを伝える水星は逆行中で行き違いが起こりやすくなっています。

なので、今週大事なのは、自分の頭で考えること。指示や説明が理屈に合っているかどうか検証しながら進めていくと、正しい答えが見えてくるでしょう。

おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)

弱さや未熟さへの理解を示せるかどうかで、一週間の取れ高が変わってきます。やるべきことはやるしかないと腹を括れるあなたと違って、世の中には躊躇ったり、指示待ちをしてしまったりする人たちが一定数いるのです。

「できない」「使えない」と意地悪なジャッジを下さずに、どうすれば一緒に戦えるのか、相手の潜在能力を引き出し一人前に育てる方法を考えましょう。ビシビシ鍛えるのか甘やかして褒めて伸ばすのか作戦を練るのは楽しいし、取り組みがいがあるミッションになるはず。

仕事も愛も社交も、あなたが望む方向にレールを敷くのです。

おうし座(4月20日〜5月20日生まれ)

ツイています。状況の変化がプラスに働き、周囲の助けを得てなんとなく形になっていくはず。むしろガツガツいくと、「一人でできるのね」とサポート対象外になってしまうので、少し気を抜いて人に言われて初めて気づく、動くくらいの感じでよさそう。

もしも何かをしてもらったら、「ありがとう」「助かった」と感謝の言葉を忘れずに付け加えられたら完璧です。

なお、水星の影響で余計な買い物をしやすくなっています。「いるかも?」ならば、買わないこと。確実に必要な物だけに絞りましょう。愛はいつもの段取り通りにマンネリを安心に変えて。

ふたご座(5月21日〜6月21日生まれ)

アテが外れる、予想外の方向に話が進むなど、ガッカリすることが起こりそう。それだけ今の流れは流動的で、これまでのパターンやセオリーが通用しなくなっているのでしょう。

今週大事なのは、うまくいったかどうかではなく、次の手が思いつくかどうかです。リカバリーをするのか、別のやり方やフィールドで戦うのか、方針が定まればそれで充分。

目先の事だけ考えると損失感や徒労感でいっぱいになりますが、有能なあなたですから、マイナスはすぐに取り返せます。道を見極め、切り替えて。愛は、説明不足に要注意。言葉や連絡の手間を惜しまずに。

かに座(6月22日〜7月22日生まれ)

今週、求められているのは腹芸です。いいのです。言っていることとやっていることがバラバラで。心にもない事を口にして気持ちよく場を納めましょう。仲良くないのに十年来の親友のように振舞い、守るつもりがない約束をほのめかしておけばよいのです。

そうしていれば、不思議なことに、嘘から生まれた真になりやすいはず。イヤだな、やりたくないなと思っていたことが楽しくなってきたり、感じが悪く敵認定した相手と打ち解けたりするミラクルが起こります。言い当てる言霊パワーが動くということ。

愛もポジティブワードを散りばめて、奇跡を引き寄せて。

しし座(7月23日〜8月22日生まれ)

本来、しし座さんはロマンチストです。戦争のない世界を作る、みんなと心を一つにしてよりよい未来に生きる、嘘偽りのない生き方をするなど高い理想を持っています。でも、こちらを読みながらも「ないない」と打ち消してしまうでしょう? それだけ、心が傷つき、疲れ、毒されているのです。

大事なのは、ダメージと本質を分けること。本当に無理でしょうか? ありえない? 不可能と諦めて、ぬるい現実に浸って一生を終えますか? 王者の魂を奮い立たせ、本当に望む方向へ舵を切りましょう。今のあなたならやれるし、愛の運もついてきます。

おとめ座(8月23日〜9月22日生まれ)

悪い予感が当たります。「きっと大丈夫」「なんとかなる」と自分をごまかさずに、二重三重の保険をかけておきましょう。別の人の仕切りでもプランBを用意しておく、「万一の時はよろしく」と根回しをしておくなど、裏工作、下準備をしておくと安心です。

ただ、だからといって見切り発車をすると、失敗しやすいはず。あくまでもサポート、備える立ち位置で。懸念事項も人に漏らさずに心に秘めておくのが安心です。

おしゃれも念のための準備はお忘れなく。体温調整が効くレイヤードを楽しんで。愛は、我がぶつかりやすくなっています。まず、相手の言い分に耳を傾けて。

てんびん座(9月23日〜10月23日生まれ)

無難を求めるあまり、無個性になっているようです。それなりに、当たり障りなく物事を進めていくのも悪くありませんが、誰がやっても同じ仕上がりでは、あなたではなくてもいいことになってしまうはず。

誰よりも早く仕上げる、または、時間がかかっても完璧にこなすなど、何かわかりやすいアピールポイントを作りましょう。一言いたわりの言葉を添える的な気配りも喜ばれます。人がやらないことをあえてやる、プラスαの工夫で差をつけて。

愛は、デリケートな問題に突き当たりそう。無言のハグやさりげないスキンシップで味方だと伝えて。

さそり座(10月24日〜11月22日生まれ)

先週に引き続き、こじらせやすいムードです。「絶対に」というフレーズが心に浮かんだら、知らず知らずのうちに頑固になっていると気づいて。方法がひとつしかない、完璧にやるしかないと思うのは危険です。別のやり方でも誰かの言いなりでも、物事はそれなりに回っていくはず。

ムキになり、こだわってしまうのは、「自分はこんなにやっている」「頑張っている」というパフォーマンスなのかも。肩に入った余計な力を抜いて、リラックスを。深呼吸やストレッチなどで体をほぐすと、ニュートラルな状態に戻せるはず。愛も、ゆるっと。

いて座(11月23日〜12月21日生まれ)

運気は狭く、深く。限られたメンバー、フィールドの中でこそ、最大のパワーが発揮できます。今週はミニマルに小さな世界を充実させていきましょう。特に約束をしなくても自然に顔を合わせることができる人とのつながりを大事に、1マイル、2マイルライフを楽しんでみて。

整理整頓や部屋の模様替え、少し早いですが、衣替えなども快適さを約束するはず。

金運は貯めるチャンス。新たに積み立てをスタートさせるなど、プールを心がけていくとよさそう。愛は面倒見よく。貸しを作るつもりで、愛する人のワガママにも快く答えておきましょう。

やぎ座(12月22日〜1月19日生まれ)

虚栄心が見透かされそう。よく見られたい、尊敬されたい気持ちはわかりますが、いい服を着たり、気前よく振舞ったりしても、相手はあなたにではなく、お金のパワーに頭を下げるのです。

スキなく恰好をつけるのはやめて、もっと素の自分を見せるように心がけていきましょう。

庶民派チョイスが時代のムードやニーズに合っているし、最高のセッティングでお迎えするよりも、手の内を晒して相談しながら決めたり、相手のオススメに従ってみたりするほうがうまくいくでしょう。頑張り過ぎないで! 愛はプチ遠出でマンネリ解消に。

みずがめ座(1月20日〜2月18日生まれ)

クールでスマート、近未来的なイメージのみずがめ座さんですが、実は誰よりもベタで、ちょいダサなものが大好きです。B級好みやレトロというよりも古臭くてかっこ悪いものへの偏愛を認めてしまいましょう。それが個性や味になって、あなたの魅力を深めるはず。

フレンドリーだけど、協調性はゼロという不思議な社交スタイルのように、絶妙なバランスで受け入れてもらえるでしょう。

愛は、自由度を高め過ぎないことがポイントに。それぞれ好きにやるばかりでは、なんのために一緒にいるのかわからなくなりそう。無理にでも接点を作って。

うお座(2月19日〜3月20日生まれ)

流れが変わりやすく、変化が多い一週間です。話が盛り上がって楽しみな計画が生まれても、すべてが目論見通りにはいかないみたい。何かが足らない、お店がやっていない、来るはずの人が来ないなど予想外のアクシデントが起こりやすいのです。

まずは未完全でも地ならしや予行練習のつもりでやれるところまでやってみるのがよさそう。おおらかで前向きなあなたがみんなに喜ばれるし、不足を補うための創意工夫が面白い展開につながっていくでしょう。

愛は癒しプランで。一緒に温泉に行く、マッサージを受けるなど、リフレッシュデートが大成功。
(文:章月 綾乃(占いガイド))

    前日のランキングへ

    ニュース設定