「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」末満健一が脚本務めアニメ化、舞台の新作情報も

42

2022年05月15日 23:10  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語」ティザービジュアル
「舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語」ティザービジュアル
「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」のアニメ化が決定した。

【大きな画像をもっと見る】

これは本日5月15日に大阪・新歌舞伎座で行われた「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」大千秋楽公演で発表されたもの。2016年に上演された「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」では、織田信長が佩用し森蘭丸へと授けられることとなる不動行光を軸とした物語が紡がれた。同作で演出と脚本を手がけた末満健一が、アニメ版ではシリーズ構成・脚本を担当。放送時期などは決定し次第発表される。

このほか本日は、舞台「刀剣乱舞」シリーズの2023年以降の展開も明らかに。2023年2月には七海ひろきが歌仙兼定、彩凪翔が大倶利伽羅を演じる「舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語」が東京・大阪で、10月から11月にかけて荒牧慶彦演じる山姥切国広にスポットを当てた「舞台『刀剣乱舞』山姥切国広 単独行 -日本刀史」が東京と京都、福岡で上演される。夏には「舞台『刀剣乱舞』7周年感謝祭」が開催されることも決定した。

(c)NITRO PLUS・EXNOA LLC/舞台『刀剣乱舞』製作委員会

このニュースに関するつぶやき

  • 刀ステが宝塚化し刀剣女士登場となるので審神者の半分は拒否反応、アニメ化の折にはゲームオリジナルの男性声優を使ってくれ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定