povoに申し込み集中で本人確認に時間がかかる事態に 楽天モバイルからの移行も

2

2022年05月16日 14:21  ITmedia Mobile

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真KDDIのお知らせ
KDDIのお知らせ

 auのオンライン専用プラン「povo」に申し込みが集中しており、本人確認に時間がかかっていることが分かった。5月14日9時頃からこの状況が続いているという。



【その他の画像】



 povoでは本人確認をオンラインで行う「eKYC」を導入しているが、裏側では担当スタッフが確認しているため、スタッフを増員しているという。KDDIによると、「17日までには解消する見込み」とのこと。



 14日の前日、5月13日には楽天モバイルが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表。1GB以下は月額0円で利用できるRakuten UN-LIMIT VIに対し、VIIでは1GB以下だと月額1078円(税込み)に値上げする。このプランは既存ユーザーにも7月以降適用されるため、早めに解約する動きが出ているようだ。KDDIによると、新規契約と楽天モバイルからpovoへの乗り換えが増えているという。



 povoの現行プラン「povo2.0」では、基本料金0円で、データ通信はオプションの「トッピング」を組み合わせて利用する。Rakuten UN-LIMIT VIとpovo2.0は、基本料金0円から利用できるプランとして注目されていたが、楽天モバイルが0円をやめることから、povoへの移行が今後も増えそうだ。



5月16日22時追記



 KDDIによると、対応スタッフの増員により、5月16日19時頃、本人確認に時間がかかる状態は解消したとのこと。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定