「メビウス」ブランドのコスパ最強シリーズにベリーフレーバーを楽しめる3銘柄が新登場

0

2022年05月17日 11:11  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
国内紙巻たばこ販売シェアNo.1ブランド(JT調べ)のメビウス。同ブランドから2021年8月より展開されている「Eシリーズ」に、ベリーフレーバーカプセル搭載のメンソール商品3銘柄が新たに発売された。



価格はいずれも20本入りで500円。手に取りやすい価格に抑えながらも「メビウスらしい味わい」を表現しているという「Eシリーズ」。本記事では昨年8月に展開している銘柄と合わせて、「メンソール・オプション・パープル」3銘柄の特徴などを紹介していく。


○メビウスのスムースな味わいを500円で



これまでレギュラー3銘柄(「メビウス・Eシリーズ・10」「メビウス・Eシリーズ・6」「メビウス・Eシリーズ・ワン・100’s」)と、メンソール2銘柄(「メビウス・Eシリーズ・メンソール・5」「メビウス・Eシリーズ・メンソール・ワン・100’s」)がラインアップしていた「メビウス・Eシリーズ」。


1977年の誕生以来、人々の嗜好に合わせて進化を続けてきたメビウスだが、「Eシリーズ」にはそんな「メビウスの旨さの本質(Essential)を継承し、進化したメビウス(Evolution)をお客様に愉しんでいただきたい(Enjoy)」というコンセプトのもと、葉たばこのブレンドを新たに開発。手頃な価格を実現した商品群となっている。



そんな「Eシリーズ」から今回新たに発売されたのは、「メンソール・オプション・パープル・8」「メンソール・オプション・パープル・5」「メンソール・オプション・パープル・ワン・100’s」の3銘柄。いずれもメビウスの熟練のブレンダーが新たなブレンドを開発し、ベリーフレーバーカプセルを搭載したメンソール商品だ。



現行メビウスの540円(「スーパースリムロング」シリーズを除く)よりも安い価格を実現しながらも、メビウスらしいスムースで豊かな味わいを継承している。

「Eシリーズ」のメンソール銘柄は、香料に一部天然メンソールを使用していることが特徴。「メンソール・オプション・パープル」ではカプセルを潰すと口の中に拡がる華やかな香りを愉しめるようになった。



3銘柄でタール値・ニコチン値がそれぞれ異なり、ロングサイズの「メンソール・オプション・パープル・ワン・100’s」はタール1mg/本、「メンソール・オプション・パープル・8」はタール8mg/本、「メンソール・オプション・パープル・5」はタール5mg/本となっている。



ベリーフレーバーはしつこすぎず、メンソールの冷涼感と程よいバランスに仕上がっていて、非常に吸いやすい。常用たばことして多くの人に支持されそうな味わいだ。


なお、「Eシリーズ」のレギュラー3銘柄(「メビウス・Eシリーズ・10」「メビウス・Eシリーズ・6」「メビウス・Eシリーズ・ワン・100’s」)は、葉たばこの雑味を吸収する活性炭を使用したチャコールフィルターを搭載。こちらも吸い心地の良さが魅力となっている。レギュラー派でまだ試したことがない人は、この機会にこちらも一度試してみると、日々のたばこ代の節約につながるかもしれない。


今回の「メンソール・オプション・パープル」3銘柄が発売され、価格が安い「Eシリーズ」のラインナップが充実したことで、「Eシリーズ」はより幅広いニーズに対応できるシリーズへと進化したようだ。



3銘柄とも5月13日から全国のコンビニエンスストア、たばこ販売店などで順次発売されている。(伊藤綾)

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定