「そこまでして撮りたいのか」 撮り鉄が遮断機によじ登り、電車が緊急停止 東急電鉄「対応に非常に苦慮」

19

2022年05月17日 12:20  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真東急東横線の踏切で遮断機によじ登り、電車を撮影する人たち
(提供画像)※画像を一部モザイク加工しています
東急東横線の踏切で遮断機によじ登り、電車を撮影する人たち (提供画像)※画像を一部モザイク加工しています

東急電鉄東横線の踏切で、一部の鉄道ファンが行った迷惑行為が問題視されています。むらまさ(@CreepyCroquette)さんが「東急東横線で激ヤバなのに遭遇してしまった。電車止まって運転手が怒鳴ってた」と投稿した写真には、遮断機によじ登り、カメラを構える「撮り鉄」の姿が。むらまささんと東急電鉄に聞きました。

【写真】10人以上の撮り鉄が、踏切に密集して通行の邪魔に

いきなり遮断機に登り、運転士が大声で注意

東急東横線は渋谷〜横浜間をつなぐ全長24.2 kmの路線です。撮り鉄の問題行動が見られたのは、5月15日午後、神奈川県川崎市内の踏切でした。

むらまささんは「元住吉へ寄った際、帰り道に工事中の目黒線踏切で見かけました。行きでも数人がたむろしていたのですが、撮影時には10人ほどいたと思います」と撮り鉄が増えていったようです。

遮断機によじ登ったのは突然のことでした。「目的の車両を撮る時でしょうか、脚立を踏切横の機械にかけて、いきなりよじ登りました。異常に気がついた運転手が電車を止め、そこから降りるように怒鳴っておりました。怒鳴られた張本人たちは、走って逃げてしまいました」

現場には歩行者がおり、事故が起きれば一般人が巻き込まれる可能性もありました。「普段から列車が頻繁に行き交う所で、工事中の為、道幅も狭くなっていました。当時も車と歩行者がまあまあいる状況でした」

東急電鉄「撮影ルール守って」

東急電鉄は「遮断機にのぼり、撮影を行った方がいたことにより、電車が緊急停止したのは事実です。踏切障害物検知装置が作動したことにより、踏切道手前に停車しました」と撮り鉄の迷惑行為により、電車が緊急停止したことを認めました。なお、当該列車は回送だったため、乗客に影響はありませんでした。今回は東京メトロの車両が埼玉高速鉄道で運用されているのが珍しかったため、鉄道ファンが集まったと推測しています。

東急電鉄では、電車を撮影する客に対して、以下の四つの行為をしないように注意喚起しています。

 ̄森埣罎領鷦屬妨けてのフラッシュ使用
⇔入禁止区域での撮影
N鷦岷森圓鳳洞舛鬚よぼす行為
せ圧咾箋嗄などを使用しての撮影

東急によると、今回の撮り鉄の遮断機によじ登ったり、過度に接近する行為は△覆い鍬に該当する可能性があるといいます。

一方、撮影時のマナーについては客のモラルに頼らざるを得ず、担当者は「対応に非常に苦慮している」と話します。撮り鉄の人たちに対しては「撮影ルールを守って、安全に撮影していただければ」と求めていました。

◇  ◇

Twitter上では「そこまでして撮りたいのか」「本当の鉄道ファンなら、迷惑をかけないよ」「こういう輩がいるからイメージ悪くなんだよね」と迷惑行為を働く一部撮り鉄の行為を嘆く声が寄せられました。

(まいどなニュース・伊藤 大介)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 「大好きな電車に轢かれて死ぬ」の刑でいいよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定