「付き合って0日」で結婚決めた!? 漫画家の体験談が話題に 告白直前は「一生分の勇気使った」

13

2022年05月17日 12:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真「友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話(29)告白!!」より(提供・えむふじんさん)
「友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話(29)告白!!」より(提供・えむふじんさん)

 交際開始当日に結婚を決めた男女の実録Web漫画「友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話」が注目を集めています。作者は漫画家の「えむふじん」さん。100話超という長編にもかかわらず一気読みする人が目立ち、「いい話だ」「ほっこりしました」「結婚っていいものなのかも」などの声が上がっています。

【漫画のひとコマ】こんな言葉で告白しました

「フラれても10日後には海のむこうや!」

 作品は2018年7月1日から公開を開始。続編「付き合って0日で結婚を決めた2人の話」を経て、2022年4月7日に完結したばかりです。

 あらすじはこうです。

 友人同士の集まりで知り合い、長い間、ごく普通の友達関係だった男女。ある年、女性は仕事の資格を得るためにアメリカへの留学が決まります。慣れない英語での手続きに戸惑っていたとき、思い出したのが海外旅行経験が豊富な男性の存在でした。

 何度も会って煩雑な手続きを進めるうちに信頼関係は深まり、お互いの存在が気になり始めます。しかし煮え切らない2人。今日で会えるのは最後ーーという日も結局「寂しくなるなあ。向こうでも頑張ってなー」「…本当にお世話になりました…」「じゃあまたね帰国したら気軽に連絡ちょうだい」「はい、また」と別れます。

 帰宅後、女性は猛烈に後悔します。「あかん!ここで引いたら!言うしかない!ダメ元で告白しよう!フラれても10日後には海のむこうや!」。女性は勇気を振り絞って電話をかけ告白します。「最後にどうしても言いたくて電話をしました。付き合ってください」。

告白は「一生分の勇気使った」

 告白直前の心境を「あの時は一生分の勇気使ったと思った」と振り返る、作者で主人公のえむふじんさん。出会いの秘訣を尋ねると「アドバイスをするような立場ではないですが…」と断った上で「もし自分が今、出会いを求める立場だったとしたら、出会いは待ってても来ないと思うので、積極的に外に出たりマッチングアプリなどを利用して、いろんな人と会話する機会を持とうとすると思います」と教えてくれました。

 交際と結婚を決意したあとも、日本とアメリカの遠距離恋愛や父親の説得、ぶっつけ本番の仏前結婚式など、ハラハラするエピソードが続く作品はコミックエッセイ「えむふじんがあらわれた」の2018年7月1日投稿「友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話(1)」から全話読めます。

     ◇

◆ブログ コミックエッセイ「えむふじんがあらわれた」
◆えむしとえむふじんインスタグラム(@mshimfujin)
◆えむしとえむふじんツイッター(@mshimfujin)
◆えむふじんLINE公式アカウント
◆書籍「いくで!小学生エムモトえむみの勝手きままライフ」(えむふじん・著、KADOKAWA、2022年1月13日発売)

(まいどなニュース・金井 かおる)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ケチつけるわけじゃないけど初対面どうしで即日結婚したわけじゃあないのよね──
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

オススメゲーム

ニュース設定