2022年のF1日本グランプリのタイトルスポンサーがホンダに決定。『Honda 日本グランプリ』に

1

2022年05月17日 18:20  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda日本グランプリレースの大会ロゴ
2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda日本グランプリレースの大会ロゴ
 5月17日、鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランドはプレスリリースを発行し、2022年10月7〜9日に開催されるFIA F1世界選手権日本グランプリのタイトルスポンサーに本田技研工業が決定したと発表した。レースの正式名称は『2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda日本グランプリレース』となる。

 新型コロナウイルスによる渡航制限の影響を受け、2020〜21年と開催が実現しなかったF1日本グランプリ。ホンダモビリティランドでは渡航制限が緩和されつつある2022年こそ開催実現を目指しているが、そのレースのタイトルスポンサーに、2021年限りでF1からは撤退したものの、チームパートナーとしてパワーユニット供給の関与を続けるホンダが就くことになった。

 この決定によりレース名称は『Honda日本グランプリ』となったが、本田技研工業の渡辺康治執行職コーポレートコミュニケーション統括部長は「今年で開場60周年を迎える鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリレースのタイトルスポンサーに、このたびホンダが決定したことを大変嬉しく思います」と語った。

「ホンダがチームパートナーを務めるオラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリをはじめとする10チーム、そしてホンダのドライバー育成プログラムHFDP出身で初の母国凱旋レースを迎える角田裕毅選手を含む20名のドライバーが世界最高峰の走りを披露する素晴らしい大会に貢献することで、日本におけるモータースポーツのさらなる振興に寄与してまいります」と渡辺統括部長はタイトルスポンサー就任の理由を語っている。

 また、ホンダモビリティランドの田中薫代表取締役社長は、「このたび、鈴鹿サーキット開場60周年となる今年の日本グランプリが『Honda日本グランプリ』の名で開催されることを大変嬉しく思います。ホンダレーシングスクール鈴鹿(旧SRS:鈴鹿サーキットレーシングスクール)出身で、母国凱旋レースを迎える角田裕毅選手をはじめ、世界のトップドライバーが3年ぶりに鈴鹿サーキットに集結します」とコメントした。

「ご来場いただくすべての皆さまにお楽しみいただけるよう、準備を進めるとともに、今後も、世界中のファンに愛される鈴鹿であり続け、モータースポーツ文化の繁栄に貢献できるよう、努力を続けてまいります」

 ホンダモビリティランドによれば、チケット販売の案内は6月上旬、一般販売開始は7月下旬を予定しており、3年ぶりの開催に全力を尽くしていくとしている。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定