『汝の名』第7話 “陶子”山崎紘菜に薬盛った“久恵”北乃きい、新たな関係性に喜び

0

2022年05月17日 20:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『汝の名』第7話より (C)テレビ東京
ドラマ『汝の名』第7話より (C)テレビ東京
 女優の山崎紘菜と北乃きいがダブル主演するドラマ『汝の名』7話が今夜放送。

【写真】ついに本性を現した久恵(北乃きい)

【第7話あらすじ】

 ベッドから動けない陶子(山崎紘菜)に、うれしそうに食事を持ってくる久恵(北乃きい)。意識が朦朧としている陶子に、久恵は自分が薬を盛って陶子を病気にさせたこと、陶子のために本物の陶子(長井短)や継子(茅島成美)を殺めたことを語りだす。陶子が三上里矢子に戻ろうとしたから2人の関係性が壊れたとする久恵は、何もできない陶子の世話をする新しい関係性に喜びを見出していた。

 一方で、久恵は陶子の服を着てエステに行くなど、陶子に成りすまして派手な生活をするようになる。次第に久恵は自らを勝ち組、陶子は負け組といい、陶子に対してきつく当たるようになる。

 ある日、街行く人や店員からあざ笑われているように感じた久恵は、陶子の下の世話をしている時に、陶子との関係がこれまでと何も変わらないことを悟る。そしてエステから自宅に帰ってきた久恵は、驚きの光景を目にする。

 ドラマ『汝の名』は、テレビ東京、テレビ北海道、テレビせとうちにて毎週火曜24時30分放送。Paraviにて全話先行配信。
    ニュース設定