巨人、サヨナラ勝ち!!真中氏「ポランコ、中島と素晴らしいバッティングをした」

5

2022年05月17日 21:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・中島宏之(C)Kyodo News
巨人・中島宏之(C)Kyodo News
○ 巨人 3x − 2 広島 ●
<10回戦・宇都宮>

 巨人が0−2の9回にポランコ、中島宏之の適時打が飛び出し、サヨナラ勝ちを収めた。

 巨人打線は8回まで広島の先発・遠藤淳志の前に無失点に抑え込まれるも、9回に先頭のウォーカー、吉川尚輝の連続安打、岡本和真が四球を選び無死満塁とする。ここで広島ベンチはターリーにスイッチしたが、巨人はポランコの適時打で1点差に迫ると、中島の2点適時二塁打でサヨナラ勝ち。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−広島戦』で解説を務めた真中満氏は「満塁からポランコ、中島と素晴らしいバッティングをしました」と振り返り、サヨナラ打を放った中島について「もともと存在感のある選手ですけど、今日は本当にカープペースのゲームだった。スタメンで出た中島もなかなかいい感じで打てない中、本当に決められて本人も嬉しそうでしたね。毎年、いいところでしっかり結果を残す選手ですので、より一層いい場面でいいタイムリーがでましたね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 高橋優貴がピリッとしないのがな…。貴重な左腕の先発。このままだと去年の11勝がまぐれになってしまう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定